工学部

専門技術・知識、人間力を磨き、環境世紀のニーズに応えるものづくりを。

工学部の特徴

  1. 幅広い共通教育
  2. 1年次から工学の基礎を学ぶ
  3. インターンシップを積極活用
  4. 国際基準のカリキュラム
  5. 少人数クラスの専門教育
  6. 卒業論文・卒業計画
  7. 大学院早期履修制度

学部長メッセージ

充実した教育環境で基礎知識と実践に役立つ応用力を学び、社会で活躍する専門技術者を育成

工学部長
森山 茂章
MORIYAMA Shigeaki

工学は、物理学や化学などの自然科学を応用して工業製品を生産し、人類が幸せに生活できる社会の維持・発展を図る学問です。本学部は「豊かな創造性と実践に即した応用力を備え、倫理観を持った専門技術者を育てること」を教育の基本とし、カリキュラムを編成しています。基礎理論の理解を深める演習や最先端の設備で行う実験などによって、専門性を身に付けていきます。そして、知識を道具として使えるように、解に至るまでのプロセスや考え方を学んでもらいたいと思います。

国際化が進む社会では異文化に対する理解も必要です。本学部では英語のスピーチコンテストや、海外協定校との学生の相互派遣など、国際感覚を養う機会の場を設けています。また社会が要求する製品を生み出すためにはチームによる活動が必要であり、他者とのコミュニケーションが大切となります。そこでグループでの実験や実習を通して、協力して課題に対応することを学んでいきます。さらに「ものづくりセンター」においては、学部や学科の垣根を越えた環境で、豊かな創造性を養っていくことができます。

専門性に裏付けされた実践力はもちろん幅広い教養と人間力を兼ね備え、自分自身の進歩を促すために「学び続ける」姿勢を持ったエンジニアを目指しましょう。

関連リンク

  • 学部長あいさつ
  • 工学部の沿革
  • 基本理念とポリシー
  • 教育研究の取り組み
  • 学科紹介
  • 工学研究科
  • 各種証明書の発行依頼
  • ニュース&イベント
  • 工学部へのアクセス

などの情報を掲載しています。