社会デザイン工学科

どのような学問? 学問の解説

安全で快適な社会基盤を計画・設計・施工・維持する実践力を備えたシビルエンジニアを目標に。

社会デザイン工学科では、人々が安全かつ快適に暮らすためのまちづくりや社会基盤(インフラ)を計画、設計、施工、維持管理するための理論や技術を学習。
「JABEE(日本技術者教育認定機構)」認定のカリキュラムに基づき、都市計画から建設系の構造や材料、環境、廃棄物、景観、地盤、水理、河川、資源、エネルギーに至る幅広くかつ専門的な教育を提供。
自然環境の保全や都市景観を踏まえ、次代の社会基盤をデザインしていく、実践力を備えたシビルエンジニアを養成します。

このような方におすすめ

  • 公務員になって社会に貢献したい。
  • 安心・安全・快適なまちづくりがしたい。
  • 環境保全のための新技術を開発したい。
  • 災害から暮らしを守る建設技術者になりたい。
  • 学科紹介
  • 受験生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 在学生と保護者の皆様へ
  • 受賞歴
  • 研究室紹介
  • INFO
  • トピックス
  • 英語版

などの情報を掲載しています。

関連リンク