法学部

法的思考力を身に付け、公平な判断能力をもった社会人に。

  1. 1年次からクラス担任を配置
  2. 少人数クラスの授業を1年次から4年次まで実施
  3. 1年次前期に選択必修科目の法学部入門ゼミナールを全員が履修
  4. スタディガイド「はじめて法学部の専門科目を学ぶ人のために」を用意
※主な内容は法学部での学び方、法律学・政治学を学ぶための基礎知識、資料の集め方、教員からのアドバイスなど。

学部長メッセージ

人を思いやり、物事を多面的に見て判断できる「法的マインド」を養い、社会に貢献する

写真:法学部長 小野寺 一浩
法学部長 小野寺 一浩

法学は、単に法律や政治の制度を暗記する学問ではありません。人を守り、問題を解決するための知識や方法を身に付け、世界中の人々が幸せに生きられる社会をつくるための学問です。本学部では法律や政治を学ぶことによって、法的な角度から問題を発見し、妥当な結論を論理的に導き、相手に納得してもらえるように説明できる力を養います。

1年次には「法学部入門ゼミ」を開講し、大学での学習の仕方から指導します。法律学科には中央官庁を訪問するプログラム、経営法学科には海外研修へ行くチャンスがあり、早期に実社会を体験することで、学ぶ意欲をさらに高める機会を設けています。また、2年次以降は、法律学科に3コース、経営法学科に2コースを設置。自分の興味や進路に応じて体系的に学ぶことができる体制を整えているのも、本学部の特長です。

法学を学ぶ基礎となるのは、人の話をしっかり聞くこと。一人一人の権利を守るために、さまざまな人の気持ちをくみ取った上で、多数派の意見に流されず、身に付けた知識を活用して合理的に判断していく力が求められます。そのため、1年次から少人数のグループワークを取り入れ、条文などをもとに議論を行い、他者の考えを聞きながら主体性を持って考え、論理的に話す訓練を行います。

本学部では、人を思いやり、物事を多面的に見て答えを導く「法的マインド」が身に付きます。この能力は、実社会のあらゆる場面で必ず役に立ちます。法的マインドを持った人材へと成長して、社会に貢献しましょう。

関連リンク

  • 学部紹介
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 研究・教育他
  • 法律学科紹介
  • 経営法学科紹介
  • 入試情報
  • 法学部パンフレット
  • トピックス
  • インフォメーション

などの情報を掲載しています。