英語学科

何がポイント? 学びの特色

「読む・書く・聴く・話す」の4技能を高度化する

4技能(読む・書く・聴く・話す)の高度化に重点を置いて学習。ネイティブスピーカーによる指導やマルチメディア・デジタル教材を使ったCALL教室での授業など、多様な授業が展開されます。

アドバイザー制度

3人から4人の学生に対して1人の教員が指導する「アドバイザー制度」を導入。学習についてはもちろん、学生生活全般についてもきめ細かに対応しています。

Study In English(SIE)プログラム

本学科では、SIE(Study In English)プログラムを実践しています。これは、英語学科の2年次~4年次の専門教育科目の一部において、英語能力の高い学生のみを選抜した少人数クラス(15~20人を限度)をつくり、そこで、原則として英語のみを使用するハイレベルな授業を行います。

専門性を深める少人数制のゼミナール

ゼミナールでは3・4年次を通して専門性を深めます。また各ゼミは10人程度の少人数制であり、学生一人一人にきめ細かな指導が行われます。さらに広く、深く学ぶことを目指して、複数のゼミに所属することもできます。

「英語圏文化研修」などで生きた英語を学ぶ

2年次以降、夏期休暇期間を利用して約1カ月間、カナダのカルガリー大学に短期留学し、現地のプログラムを体験します。生きた英語を学び、現地の文化に触れる意義は大きく、選択科目として単位が認定されます。

語学力強化プログラム(ドイツ語・フランス語の専門科目を履修)

本学で実施されている第2外国語のうち、ドイツ語またはフランス語を履修し、優秀な成績を収めた学生は、それぞれドイツ語学科・フランス語学科の専門教育科目の一部(会話・作文など)を、関連科目(卒業単位の一部)として履修することができます。

  • 英語学科の特色
  • カリキュラム
  • 学科スタッフ
  • 海外研修
  • 卒業生の進路
  • 英語学科Q & A
  • 英語学科ブログ
  • 在学生の声(ブログより)
  • 卒業生の声(ブログより)
  • 電子シラバスについて
  • 新着情報
  • お知らせ

などの情報を掲載しています。

関連リンク