理学部

社会のニーズに応える理学を目指した、4学科+2インスティテュート。

理学部の特徴

  1. マンツーマンの徹底
  2. 自然界の原理・原則の探究
  3. 2つのインスティテュート
  4. 将来の道を積極的にフォロー

学部長メッセージ

学生主体の実験・演習で自由な発想や好奇心を伸ばし、「なぜ?」を解明する力で社会に貢献する

理学部長
永田 潔文
NAGATA Kiyofumi

自然界には多様な物質や現象が存在し、自然はとても複雑です。しかし、はじめは複雑に見えていた自然をよく観察し推論していくと、基本的な数少ない法則やモデルからできたシステムとして理解することができます。平面幾何学は10個の規則からその世界ができ上がっていますし、全ての物質はわずか100種類の原子から成り立っているというモデルによって物質の性質を理解でき、現代の新しい材料や薬を創り出すことができました。また、電気と磁気を統一的に理解できるシステムの発見によって、電磁波の存在を予言でき、今のIT社会を築くことができました。理学とはこのようなシステムを学び、創り出す学問であり、工学や医学、薬学の基礎となっています。

本学部には数学、物理学、化学、生物学、地学の5つの分野を扱う4学科2インスティテュートがあり、自然科学と数理科学のほぼ全領域をカバーしています。課題を見つけ、新しい発想で課題を解決していくには好奇心と「なぜ」を追究していく態度が大切です。そこで学生の自由な発想や主体的な行動を尊重し、それらを伸ばすため、各学科の専門教育カリキュラムには少人数授業を多く取り入れています。特に、実験や実習、演習科目ではきめ細かく指導しながらも、学生が自分で経験し、考えながら理解を深めていくように促しています。そして4年次になると一人一人が卒業研究に取り組み、未知の現象の解明や新たな理論の構築に挑戦します。

これらの学びを通して得た観察力、解析・分析力、論理力、創造力で、数理の世界や宇宙、生命、環境、IT、データサイエンスなどの分野を、広い視点から発展させていきましょう。

関連リンク

  • 応用数学科
  • 物理科学科
  • 化学科
  • 地球圏科学科
  • 社会数理・情報インスティテュート
  • ナノサイエンス・インスティテュート
  • 理学部長挨拶
  • 理学部の概要と沿革
  • 教育の特徴
  • 理学部所在地
  • 理学部・理学研究科年報
  • 新着情報
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ

などの情報を掲載しています。