文化学科

どのような学問? 学問の解説

文化の総合的・多角的理解!「哲学・倫理学」「宗教学」「芸術学・美術史」「社会学」「心理学」「地理学」「文化人類学・民俗学」。これら7領域の横断的学びが、現代社会が抱える課題の解決力を養う。

文化学科では、多様な価値観が共存する現代で活躍するための、広い視野と柔軟な発想力を併せもつ人材を育成します。
祭りや儀礼、寺社仏閣、東西の思想、日本や海外の生活様式・都市デザイン、あるいは絵画や映画、アニメにマンガなどの「文化」、その「文化」を育む土壌である「社会」の構造やあるべき姿、そして、その「社会」で生きる「人間」の心のメカニズムや生きる意味に関心を持つあなたを、文化学科は待っています。

このような方におすすめ

  • 文化について幅広く学びたい。
  • 社会のあり方・あるべき姿に関心がある。
  • 人の心のメカニズム・生きる意味を考えたい。
  • 哲学・倫理学、宗教学、芸術学・美術史、社会学、心理学、地理学、文化人類学・民俗学のいずれかに興味がある。
  • 文化学科って?(学科概要)
  • 文化学科の四年間
  • 卒業論文
  • 就職・進路先は?
  • 教員一覧
  • 卒業生名鑑
  • アクセス
  • ブログ

などの情報を掲載しています。

関連リンク