商学部

世界の注目都市・福岡で商学の理論と応用実学をバランスよく学ぶ。

学部長メッセージ

時を超えて受け継がれる理念 ― 時代が福岡大学商学部を求めている ―

商学部長
中川 誠士
NAKAGAWA Seishi

福岡大学商学部の源流は80有余年前の1934年(昭和9年)に創設された福岡高等商業学校(旧制福岡高商)に遡ります。当時の日本は、農業国からの脱皮を目指し、欧米の先進諸国に追いつくべく、急速な工業化に邁進していました。そしてその工業化を支えるため、近代的な流通・商業・金融システムの形成が急務とされていました。福岡高商は、こうしたシステムの中核を担う商業、経営そして企業会計に関して高度な専門的知識を有するテクノクラート(ホワイトカラ一層)を養成するという理念をもって設立されたのです。まさに時代の要請によって福岡高商が誕生したのです。

その血を受け継ぐ福大商学部は、日本経済が直面する大変動を背景とする時代的要請に、今改めて応えようとしています。経済のグローバル化とメガコンペティションが進行する中で、日本は国全体と地域(ロ一カル)の特色を生かし、サスティナブルな成長を図る必要があります。そのために、私たち商学部は、グローバルとローカルの両方の観点から、問題を発見し、問題解決のための手段・方法を考え、世界に向けて発信するとともに、世界の人々からの問いかけにコミュニケートできる総合力を備えたビジネスパーソンを育成しようとしています。

まさに、福岡高商設立時の理念が、形を変えながら現在の福大商学部にも脈々と息づいているのです。

関連リンク

  • NEWS
  • 商学部案内
  • 商学科
  • 経営学科
  • 貿易学科
  • 会計専門職プログラム
  • 商学部第二部商学科
  • 教員・ゼミ

などの情報を掲載しています。