スポーツ科学科

何がポイント? 学びの特色

プロや国際レベルのトップアスリートを科学的に育成

本学科ではプロ野球やJリーグなどで活躍する選手を数多く輩出しています。その実績を踏まえ、今後もプロスポーツ界や国際レベルで活躍するトップアスリートの科学的な育成に注力していきます。また、専門種目の競技実践(選手活動)の伸長につながるよう、選択科目を多く設定しているのも本学科の特長です。

スポーツ科学を修めたコーチや体育教員を養成

本学科ではスポーツ科学の専門的な知識・理論・技能を備えたコーチや体育指導者の養成も目標としており、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)を取得することを可能にしています(教職課程履修が必要)。

多様に設定されたゼミにより専門分野を探究

3・4年次のゼミ科目「スポーツ科学演習」では、多様に設定されたテーマの専門分野を担当教員の指導により探究。その成果を「卒業研究論文」にまとめます。

トップレベルのトレーニングやコーチングの理論を修得

段階的に組まれたカリキュラムを1年次から履修。世界に通じるレベルのトレーニングやコーチングの理論をスムーズに学び進めます。また、日本体育協会スポーツ指導者資格制度(指導員・コーチ・教師・スポーツプログラマー)などのスポーツ関連資格の取得につながる科目も設定しています。

卒業後の進路の幅を広げるスポーツ科学の実践

卒業後の進路の幅を広げることに結び付く、スポーツ産業やチームマネジメント、マスコミについて学ぶ科目も開講しています。また4年間、スポーツ科学の実践により心身を鍛えた学生への人材評価は高く、毎年多くの学生が一般企業へも就職しています。

  • 学部紹介
  • 教員情報
  • イベント
  • 研究雑誌
  • 更新情報
  • 授業関連
  • 部活動関連
  • 実施プログラム
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 運動部試合結果
  • 生涯スポーツ演習の教科書
  • ラブアンドライブズ
  • トレーニング室について
  • エキスパートを目指す学生紹介

などの情報を掲載しています。

関連リンク