健康運動科学科

何がポイント? 学びの特色

健康運動に関する指導の方法論を身に付ける

本学科ではスポーツを医学的かつ科学的に基礎から学び、健康運動・スポーツレクリエーション指導の方法論を身に付けていきます。また、知識を綿密に積み重ねられるようなカリキュラムを構成。1年次からの2年間で基礎理論を着実に修得し、3年次に多く設定された演習や実習を通じて、社会での実践につなげていきます。4年次では興味・関心ある分野にテーマを定め、「卒業研究論文」をまとめていきます。

"運動と健康づくり"を専門とする保健体育教諭を養成

健康運動やスポーツレクリエーションは学校教育の場でも重要視されており、指導の方法や技術を専門的に身に付けた教員が求められています。本学科ではそのニーズに応え、"運動と健康づくり"を専門とする中学校・高等学校の教諭一種免許(保健体育)の取得を可能にしています(教職課程履修が必要)。

健康運動指導士などの資格取得を積極支援

特定健診・保健指導の義務化に伴い、健康運動指導士の重要性が増しています。これを背景に本学は健康運動指導士養成校として認定されました。
キャンプインストラクターやレクリエーションインストラクターの資格も取得可能であり、地域におけるスポーツ指導等の資格取得につながる科目も開講しています。

  • 学部紹介
  • 教員情報
  • イベント
  • 研究雑誌
  • 更新情報
  • 授業関連
  • 部活動関連
  • 実施プログラム
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 運動部試合結果
  • 生涯スポーツ演習の教科書
  • ラブアンドライブズ
  • トレーニング室について
  • エキスパートを目指す学生紹介

などの情報を掲載しています。

関連リンク