経営法学科

何がポイント? 学びの特色

「海外研修」で国際感覚を磨く

国際コミュニケーション・法政事情、海外研修では、英語を用いて法政事情を学習した上で、約3週間、アメリカのシアトル大学で現地研修を行います。現地ではホームステイをしながら学部やロースクール、ビジネススクールの講義に参加し、教授陣のレクチャーを受けます。また現地の企業や政府のオフィスも訪問します。2年次にもアメリカやヨーロッパ、アジア太平洋地域での「海外研修」が行われます。

※旅費・滞在費の一部は学生負担。

実務に直結する法の運用能力を身に付ける

2年次に選択する2コース(企業法コースまたは国際コース)のカリキュラムは、どちらも実際のビジネスシーンにおける法の役割を理解し、それを実務につなげる応用力の養成を主眼に置き構成されています。また経済学部や商学部の科目も履修することができ、実践のためのスキルアップを目指せます。

産業界のリーダーを目指す意欲ある学生を対象に「企業法務特修プログラム」を設置しています。そこでは「会社法」や「企業法務特別演習」などの企業法科目を体系的に学び、企業法務の基礎知識と法的思考力を身に付けます。

ビジネスリーダーに必要な法を学習

企業法コースでは企業法に関する知識を身に付けたい人、起業を目指す人、家業の承継や企業の良きアドバイザーになることを意識する人、それぞれに必要な講義を設けています。会社設立に際する法的な問題等に関する「ベンチャー起業と法」や「中小企業と法」などを、他のビジネス関連法と併せて学びます。

国際コースでは、世界各国の法規制や法政事情、国際的な取引、経済、労働、税などの法を学習。国際法に関する知識を得ながら、国際感覚を高めます。

インターンシップを単位認定

本学科ではビジネスの実際に触れる「インターンシップ」を奨励しており、卒業要件に組み込む単位認定科目としています。

  • 学部紹介
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 研究・教育他
  • 法律学科紹介
  • 経営法学科紹介
  • 入試情報
  • 法学部パンフレット
  • トピックス
  • インフォメーション

などの情報を掲載しています。

関連リンク