経済学部

地域と世界に強い社会人、より良い社会づくりに貢献できる経済人へ。

  1. 基礎から確実に知識を蓄積していくカリキュラム
  2. 1年次から少人数参加型のゼミナールを実施
  3. 海外協定校との経済学ジョイントコースを用意
  4. 海外から研究者を招いての特別講義を実施
  5. 各種の資格試験や採用試験に多くの学生が挑戦

学部長メッセージ

経済的なものの見方や考え方を身に付けグローバルな視点を持ちながら地域社会を支える人材に

本学部には、経済学を理論的な視点で学び、幅広い経済の知識や思考力を身に付ける「経済学科」と、地域社会や企業の協力を得て行う実践的な学び(PBL/Project Based Learning)を通して問題発見・解決力を養う「産業経済学科」の2学科があります。経済には、最少のコストで最大の利益を得るという効率性が求められますが、効率一辺倒では格差を生み、より良い社会を作ることはできません。そこには公平性も必要です。自然環境のように、社会には金銭で測れない価値や市場で取引できない価値があります。そこで、効率性と公平性を図りながら問題解決に取り組み、持続可能な安定した社会を作っていく、そのような経済的なものの見方や考え方を本学部で養っていきます。

本学部は、福岡大学が教育研究の理念として掲げる〔「地域性」と「国際性」の共存〕を推し進めており、グローバルな視点を持ちながら地域社会を支える人材の育成に力を入れています。海外経験が豊富な教員が多く、海外協定校との交流や海外研究者による特別講義なども行っています。また、さまざまな企業等に対してチームで課題を探り、その解決方法を提案する授業など、実社会に直結した学びの場が多くあります。このような経験を通して、社会人としての行動力や判断力、協働性や責任感を身に付けることができます。

本学部で主体的に学び、地域社会・国際社会で「頼りがいのある存在」になりましょう。

関連リンク

  • 学部・学科紹介
  • 教員紹介
  • 受験生の皆さんへ
  • 先端経済研究センター
  • 経済学研究科
  • 学部ネットワーク環境
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • News & Topics

などの情報を掲載しています。