産業経済学科

どのような学問? 学問の解説

調査・分析・実証を重視した実践的な経済理論と情報リテラシーを備えたビジネスエキスパートへ。

産業経済学科では、産業界において経済理論をどのように生かすかを考察するための調査・分析・実証を重視した、実践的な経済学を学びます。
学内外での実習やフィールドワークも多く、コンピュータによる情報分析やデータベース構築といったスキルも修得します。
これらの実践力や情報リテラシーは企業や組織が求めるものであり、本学科では、今後の産業界を活性化しうる、経済理論を備えたビジネスエキスパートを育成しています。なお、産業経済学科では、プログラム制という、より選択の自由度の高いカリキュラムを適用しています。
本カリキュラムでは、「起業家育成プログラム」と「地域イノベーションプログラム」という2つのプログラムを中心に専門性の高い教育を提供します。

このような方におすすめ

  • 高度な情報・数理分析能力を身に付けたい。
  • 創造的な起業家精神を持ちたい。
  • 学部・学科紹介
  • 教員紹介
  • 受験生の皆さんへ
  • 先端経済研究センター
  • 経済学研究科
  • 学部ネットワーク環境
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • News & Topics

などの情報を掲載しています。

関連リンク