商学科

何がポイント? 学びの特色

学費は昼間部の約半分

学費は昼間の文系学部に比べて1/2程度。アルバイトを含め、働きながら学ぼうとする人の自立した修学を支援しています。

新しい給費型奨学金制度の設置

これまでのさまざまな奨学制度に加えて、2019年度から商学部第二部に新しい給費型奨学金制度が設けられました。本学を卒業された企業経営者等からの寄付金をもとに、入学金、授業料、教育充実費相当額の返還義務のない奨学金が支給されます。採用人数は、1年次生を含めて各学年20人以内です。また、本学での学習に加えて専門学校等での学習を希望する2・3年次生には、20万円を限度に、奨学生20人のうちの10人に返還義務のない学習支援金が別途支給されます。

学生支援ワークスタディ制度

商学部第二部の学生を対象とした「学生支援ワークスタディ制度」を2016年度から開始しました。働きながら学ぼうとする学生に対する一層の支援と学生の就労体験に基づく人材育成を目的として、福岡大学の事務業務に補助的に従事してもらう制度です。

夕刻以降を有効活用

授業は原則として休日・祝日以外の毎日18時から21時10分までの2コマ制(1コマ90分)。昼の時間帯は仕事や資格試験などの勉強のために使い、さらに夜大学で学ぶことには少々根気を要しますが、時間の有効活用や自己管理のスキルが身に付くメリットがあります。授業は昼間と同じ教員が担当します。図書館、就職・進路支援センター、情報基盤センター等のキャンパス施設も昼間部と同様に利用できます。

昼間の講義も履修可能

卒業に必要な124単位のうち最大32単位を限度に昼間の講義を履修することができます(会計専門職プログラムに所属する学生は60単位)。

中学校と高等学校の教員免許が取得可能

高等学校(商業・情報・地理歴史・公民)および中学校(社会)の教員免許を取得することが可能です。小学校教諭免許状取得プログラムを利用することもできます。

専門性をさらに高めるゼミも履修可能

より濃密かつ双方向の指導が受けられる少人数制のゼミナールを2年次より履修することができます。商学・経営・会計ゼミナールが設置されており、自分が目指すキャリアアップの方向性に則した研究テーマを選べます。1年次には、高校と大学の橋渡しとして基礎ゼミナールが設置されています。

会計専門職プログラムでハイレベルな資格取得を目指す

専門学校と提携し、公認会計士や税理士の資格試験合格を目指した講義を費用の負担なしで受講できます。

サークル活動などのキャンパスライフも

大学からのサポートの下に商学部第二部の学生によって運営される計23団体の部・同好会・愛好会があり、文化やスポーツなどのサークル活動を楽しむことができます。第二部専用の部室棟(オリオンホール)もあります。

  • 学びの特色
  • 大学生活の特色
  • 会計専門職プログラム
  • 商学部第二部学生支援 ワークスタディ事業
  • 特待生・奨学制度(奨学金)
  • 就職支援
  • 社会人コース履修生
  • 主な就職先

などの情報を掲載しています。

関連リンク