医学部

高度な医療・看護の知識と技能を修得し、高い倫理観と豊かな人間性を育む。

医学科の特徴

  1. 総合的な臨床能力を養う
  2. 自習性を養う
  3. 問題解決能力を養う
  4. 人間性を養う
  5. 指導力・協調性を養う

看護学科の特徴

  1. 人間性を養う
  2. 柔軟な思考力を養う
  3. 科学的探究の態度を養う
  4. 協働・連携の能力を養う
  5. 学際的能力を養う
  6. 国際的視野を養う
本学医学部生には、人の命について学ぶ観点から禁煙を徹底しています −医学部生は非喫煙−

学部長メッセージ

総合大学で幅広い教養を身に付け、高度な専門教育を修得し、コミュニケーション能力の高い、豊かな人間性を持つ医療人を育成

医学部長
小玉 正太
KODAMA Shota

本学部は医療人として必要とされる高度な知識や技術を修得するとともに、高い道徳性、倫理観、公正さを学ぶ場でもあります。さらに医学・医療・健康を共学する場として、医学部、薬学部、スポーツ科学部、福岡大学病院がキャンパス内に、筑紫病院、西新病院、博多駅クリニックが近郊に位置しています。加えて他職種が連携するためには、医療チームの担い手としてのリーダーシップやチーム医療を円滑に行うための協調性、コミュニケーション能力を養う必要があります。

医学科は「FU-RIGHT」(信頼、知識、優しさ、健康増進、教育的指導)の精神を持つ医師を育てるため、1学年から基礎医学に加えて病棟での実習を取り入れる等、全国共通試験および国家試験に向けてらせん状にカリキュラムの編成を行っています。6年間の学びの期間では、医師として求められる精神的な強さと高い倫理観、科学的探究心、自律学修能力などの修得が必要です。また海外の大学との交流や国際都市としての福岡という地域性によりグローバルな視点を養い、卒業後は国際医療や地域医療に貢献してくれることを願っています。

看護学科では「患者さんに寄り添う」ことを念頭に、看護学を学問として体系的に学びます。大学病院等で実施する充実した臨床教育が特長で、高度な知識と技術を備え、広く社会に貢献できる看護専門職の人材を育成しています。

医療人としての毎日は日々が学びであり、特にベットサイドでは真摯な気持ちで患者さんと向き合うことではじめて得た知識が成就します。自身の理想とする医療人に向かって学問に励むと同時に、大切な命と向き合うためのプロフェッショナルな意識を培い、「人をみる」医療人を目指しましょう。

関連リンク

  • 教育
  • 研究
  • 医療
  • ニュース
  • 医学紀要
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 医学科
  • 看護学科
  • 福岡大学医学部キャンパスライフ(フォトアルバム)
  • 医学部からのお知らせ
  • 研究室ホームページ更新情報
  • 医学部長室から
  • 卒業時アウトカム
  • がんプロフェッショナル
  • 新診療棟の紹介
  • 医学情報センター図書館医学部分館
  • 烏帽子会(同窓会)
  • Web/Mailの利用要項
  • 福岡の魅力

などの情報を掲載しています。