商学部第二部

働きながら学びたい人および社会人に勉学の場を提供。

商学部第二部は、商学部に次いで1953年に設立され、60年以上の伝統を持ちます。
商学部第二部では商学部(昼間部)で開講されている専門科目の多くが開講されており、昼間部と同じ教員が担当しているため、幅広い専門知識を身に付けることができます。1年次には、高校と大学の橋渡しの科目として「基礎ゼミナール」が開講され、2年次からは「商学・経営・会計ゼミナール」を履修することで各専攻の専門性を磨くことができます。また、海外に興味がある学生のために「海外交流ゼミナール」も開講されています。
その他、公認会計士など難関資格の取得を目指す「会計専門職プログラム」を受講することができ、教員免許〔中学(社会)、高校(地理・歴史、公民、商業、情報)〕を取得することもできます。

教職課程については現在文部科学省に申請中です。審査の結果、予定している教職課程の開設や開設時期が変更となる可能性があります。

学部長メッセージ

少人数ゼミと豊富な実践で学びを深め、地域や世界で活躍するビジネスリーダーに

写真:商学部長 井上 伊知郎
商学部長 井上 伊知郎

商学部は、3学科と夜間の第二部、会計専門職プログラムを擁しています。「商学科」は地域から経済を活性化させる人材を、「経営学科」は企業経営と会計に精通したプロフェッショナルを、「貿易学科」は貿易や国際経済の知識を持ち国際的に活躍できる人材を目指したカリキュラムとなっています。経営学科では、2018年度から知的コンテンツ産業(ゲーム、映画、アニメなど)のマネジメントを学ぶプログラムがスタートしました。学業と仕事を両立できる「商学部第二部」では、働きながら学びたい学生を応援する制度「学生支援ワークスタディ事業」を行っています。さらに学科横断の「会計専門職プログラム」では、在学中に公認会計士等の資格取得を目指します。

本学部は、商学の幅広い専門知識をベースに、明確な視点を持ち、問題を解決する判断力と実行力を備えたビジネスリーダーの育成を目標としています。そのため、1年次から少人数のゼミに所属して、きめ細かな指導の下で専門分野の基礎を固めつつ、発表や討論を重ねてプレゼンテーションやコミュニケーションの能力を高めていきます。企業や行政、地域等と連携して、多様なプロジェクトを展開しているのも本学部の特色です。授業で学んだ理論を社会で実践するチャンスが豊富にあり、格段に視野が広がり学びが深まります。また、学部独自のグローバルプログラムでは、韓国・仁川大学校との交流によって、国際感覚も身に付けます。

本学部で幅広い理論と実践力を修得し、地域や国際社会で活躍できる人材になりましょう。

関連リンク

  • 学びの特色
  • 大学生活の特色
  • 会計専門職プログラム
  • 商学部第二部学生支援 ワークスタディ事業
  • 特待生・奨学制度(奨学金)
  • 就職支援
  • 社会人コース履修生
  • 主な就職先

などの情報を掲載しています。