図書館の利用

図書館はキャンパスライフを応援します

「福大生ステップアッププログラム」の一環として、「福大生のための図書館活用プログラム」を提供しています。「読書会」や、図書館に置いてほしい本を書店で選ぶ「選書ツアー」、作家が福岡大学を訪れる「オーサービジット」等、さまざまなイベントを開催しています。

また、中央図書館には、グループ学習室や、ディスカッションや論文・レポート作成ができるオープン学習エリアであるラーニング・コモンズを設置しています。

読書会

本学教員のほか、公立図書館員、書店オーナーなど学外からも多彩な講師を迎え、1冊の本を取り上げて、講師と学生が本音で語り合います。新しい本の読み方に出会えます。

読書会はこちら

選書ツアー

学生が、図書館の本を直接書店で選ぶ企画です。授業やレポート作成に使いたい、おもしろいから他の人にも読んで欲しいなど、図書館に必要だと思う本を選びます。選ばれた本や学生のおすすめコメントを、中央図書館で紹介しています。

選書ツアーはこちら

オーサービジット

作家が福岡大学を訪問するオーサービジットでは、講演会や意見交換会などを通して、参加者が作家の生の声を聞くことができます。

オーサービジット(その他のイベント)はこちら

ライブラリー・アシスタント(Library Assistant)

中央図書館では、大学院生であるライブラリー・アシスタント(LA)が、先輩としての立場から学生の図書館利用を親切にサポートしています。レポートや論文を書くために必要な情報の選択方法、論理的な文章の書き方指導やパソコンの操作方法の説明などを行っています。館内を巡回していますので、お気軽に声をかけてください。

ライブラリー・アシスタントについて(今週のLA情報)はこちら

  • 蔵書検索
  • 学習サポート
  • 利用者別案内
  • 図書館ナビ(施設案内)
  • 今週のLA情報
  • 福大生のための図書館活用プログラム

などの情報を掲載しています。