GPA制度

成績通知書に成績評価指標として、GPAが付記されています。

GPAとは

GPA(Grade Point Average)は、次に示した算出基準・計算式で計算される、履修科目の評点に単位数を加味した加重平均値です。大学での学修が、単に卒業単位を取得するのみではなく、より真剣に学ぶことにより大学教育を実質化し、大学の教育の質を保証するためのシステムの一環でもあります。途中で受講をやめたり、試験を放棄したりするとGPAが低下します。したがって、学生の皆さんには履修責任が求められることになります。

GPA算出基準

履修した科目の成績評価は100点満点で行います。点数に応じて科目毎にGP 評点を算出します(下表参照)。「4」に近いほど成績が良いことを表しています。

素点範囲 成績評語 GP評点
100~90 4.0
89~80 3.0
79~70 2.0
69~60 1.0
59点以下 不可 0
試験放棄 放棄 0

GPAの計算式と対象

GPA= (秀の修得単位数×4)+(優の修得単位数×3)+・・・(不可・放棄の単位数の和×0) 秀+優+良+可+不可+放棄の総履修単位数

GPAは「卒業要件に関わる履修科目」および「課程科目を含む全履修科目」について、それぞれ「当該セメスターに履修した科目」および「当該セメスターまでに履修した全科目」のくくりで算出します。

不合格となった科目を後に再履修して合格となった場合、セメスター毎のGPAはそれぞれの成績で算出しますが、通算のGPAは合格した際の成績のみを対象として算出します。

他大学等で履修した科目の単位で、本学の履修科目として修得が認められた単位(認定単位)についてはGPAの対象とはなりません。

GPAの利用

今後、学部・学科により、特待生の選考やゼミの選考などに利用されます。

なお、成績証明書には記載されません。