自己点検・評価

Ⅰ はじめに

本学では、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルを適切に機能させ、教育・研究・医療、地域貢献、その他のサービスの質を自らの責任で説明・証明する恒常的・継続的プロセスとしての自己点検・評価に取り組み、更なる質の向上を目指しています。

Ⅱ 自己点検・評価のプロセス、体制

具体的な自己点検・評価のプロセス、体制については次のとおりです。

部局別自己点検・評価実施委員会 学部、研究科、センター、事務等の各部局に設置。各部局における活動の点検・評価を実施する。 部門別自己点検・評価作業部会 学部、大学院等の7部門に設置。 各部局が行った自己点検・評価結果について、部門ごとに取りまとめる。 自己点検・評価委員会 部門ごとに取りまとめられた自己点検・評価結果について、全学的な視点で評価を行う。 自己点検・評価推進会議 自己点検・評価委員会、外部評価委員会の評価結果を受け、自己点検・評価について総括する。 外部評価委員会

この体制に基づき実施した自己点検・評価結果については、「学校法人福岡大学自己点検・評価規程」において次のとおり定めています。

学長及び本法人の組織又は事務部の長は、自己点検・評価推進会議から報告された自己点検・評価の結果を有効に活用し、改善が必要と認められたものについては、その改善に努めなければならない。

関連規程

学校法人福岡大学自己点検・評価規程

学校法人福岡大学外部評価委員会規程

Ⅲ 自己点検・評価結果

Ⅳ 外部評価結果

Ⅴ 認証評価について

すべての大学は、学校教育法第109条第2項に基づき、平成16年度から文部科学大臣の認定を受けた第三者評価機関(認証評価機関)による評価を定期的に受けることが義務付けられました。本学では自己点検・評価の結果を活用し、認証評価機関である公益財団法人大学基準協会の認証評価を受けることとしています。

平成27年度 認証評価

本学は、平成20年度に受審した財団法人大学基準協会(現公益財団法人大学基準協会)による適合認定の期間満了に伴い、平成27年度に公益財団法人大学基準協会による大学評価(認証評価)を受審し、大学基準に適合していると認定されました。認定期間は、平成28年4月1日から平成35年3月31日までの7年間です。

認証評価結果

提出書類

認定に際して指摘された努力課題(9項目)については、平成31年7月末日までに同協会へ改善報告書を提出することになります。
本学は、これらの認証評価結果を真摯に受け止め、改革・改善に向けた取り組みを行い、教育・研究・医療のさらなる質の向上に努めます。

平成20年度 認証評価

本学は、平成20年度に大学基準に適合しているとの認定を受けた際に、助言(26項目)と勧告(1項目)を受けました。この助言と勧告事項に対しては、平成24年7月に同協会へ「福岡大学 平成20年度 認証評価結果に関する改善報告書」を提出しました。これに対し、同協会から平成25年3月15日付けで「改善報告書検討結果」を受理しました。
「改善報告書検討結果」では、27点の改善報告について、「助言・勧告を真摯に受け止め、意欲的に改善に取り組んでいることが確認できる」とされ、「今後の改善経過について再度報告を求める事項なし」との通知を受けました。