ホーム > 教育 > 大学院 > 経済学研究科

経済学研究科

人材養成の目的はこちら

経済学専攻[博士課程 前期・後期]

前期は、ミクロ経済学、理論経済学、応用マクロ経済学、経済動学、経済学史、金融論、経済史Ⅰ(東洋)、経済史Ⅱ(西洋)、経済史Ⅲ(日本)、社会思想史、経済政策理論、産業組織論、国際貿易理論、米中日の現代経済分析、経済発展論、社会経済学、証券経済論、財政学、租税論、公共経済学、社会的選択理論、経済数学、計量経済学、応用計量経済学、経済時系列分析、統計学、経済統計論、社会工学、所得再分配論、都市情報論、都市モデル解析、都市システム解析、オペレーションズ・リサーチ、ゲーム理論、協力ゲーム理論、地域経営論、アジア経済文化相関論などの専任教員による授業科目および非常勤講師による特設講義から構成されています。

後期には、経済学史、社会工学、都市モデル解析、都市システム解析、オペレーションズ・リサーチ、ゲーム理論、社会経済学、経済数学、経済時系列分析、米中日の現代経済分析などの科目を開設しています。