ホーム > 入試情報 > 法科大学院入試

法科大学院入試

法科大学院は、法曹(裁判官・検察官・弁護士)養成を目的とした専門職大学院です。標準修業年限は3年です。ただし、入学者選考において「法学既修者」として選考され入学を許可された者については2年間で課程を修了することができます。法科大学院を修了すると、法務博士(専門職)の学位と司法試験の受験資格が与えられます。

法科大学院を受験するためには、まず、その年に実施される「適性試験」を必ず受けておかなければなりません。なお、法科大学院入試において、基本的には法律の知識は必要ありません。

本法科大学院の入試についての詳しい情報は、個別サイトをご覧ください。