ホーム > 医療 > 福岡大学病院

福岡大学病院

昭和47年の医学部設置に伴い、翌48年8月に開院しました。

平成4年6月に救命救急センターを、平成10年12月には総合周産期母子医療センターを設置し、なお、平成6年2月に特定機能病院の指定を受け、その後、エイズ治療拠点病院、災害拠点病院、治験拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、福岡市児童虐待防止医療ネットワーク事業拠点病院の指定を受け、地域の中核・拠点病院として成長してきました。

平成23年1月には新診療棟(第25回福岡市都市景観賞受賞)を開院し、本館、西別館、救命救急センター棟、デイケア棟および研修センターA棟・B棟の全7棟において、23の専門診療科の医療活動に総勢約1,900人のスタッフが従事しています。

外来診療は、初めて本院におかかりの方にも分かりやすく受診していただけるように、臓器別にセンター化し、内科と外科の垣根がないトータルケアを目指しています。

福岡市営地下鉄七隈線の開通に加え、福岡都市高速道路の外環状線貫通、さらには西鉄バス外環1番(西鉄大橋駅~外環状道路~福大病院)の運行により、本院への交通アクセスが非常に良好となりました。

福岡大学病院

福岡大学病院

外来診療案内

受付時間

平 日)初診 8時30分~12時00分

再診 8時30分~15時00分

土曜日)初診 8時30分~11時00分

再診 8時30分~11時00分

ただし、予約の場合や午後専門外来はこの限りではありません。

休診日 日・祝日(振替休日を含む)、盆休(8月15日)、
年末年始(12月29日~1月3日)