ホーム > 地域 > 地域への医療貢献

地域への医療貢献

福岡大学病院

病気になったときの病院の役割は言うまでもありませんが、日頃の健康の維持管理は快適な生活を送るうえで重要なことです。新診療棟では、メディカルホール、メディカルフィットネスセンターを開設してリハビリや健康維持への積極的なサポートを行っています。また、地域の皆さまへ健康維持、医療情報の提供や交流・勉強の機会を設けるためにがんセミナー、各種セミナー、公開講座開催などの活動を行っています。

地域医療を充実させ、安心して暮らせる「まちづくり」こそが地域の皆さまへの医療貢献だと考えています。

福岡大学病院の主な高度機能(認定・指定施設等)

また、大学病院として、地域中核病院として、次にあげる高度な役割も果たしています。

  • 外国医師・歯科医師臨床修練指定病院(昭和63年3月29日承認)
  • 救命救急センター(平成4年6月1日指定)
  • 特定機能病院(平成6年2月1日承認)
  • エイズ治療拠点病院(平成6年4月1日指定)
  • 災害拠点病院(平成8年12月27日指定)
  • 総合周産期母子医療センター(平成10年12月1日指定)
  • 臨床研修病院(基幹型)(平成16年4月1日指定)
  • (財)日本医療機能評価機構認定病院(Ver.6 平成21年11月22日認定)
  • 脳死肺移植実施施設(平成17年5月31日認定)
  • 治験拠点病院(平成19年7月2日指定)
  • 福岡県災害派遣医療チーム(福岡県DMAT)(平成20年1月31日指定)
  • 地域がん診療連携拠点病院(平成20年2月8日指定)
  • 救急病院(平成25年4月1日認定)

福岡大学筑紫病院

地域医療支援病院

大学病院で初めて認定された地域医療支援病院として、地域の医療施設と機能を分担・連携し、地域完結型の医療を提供しています。また、地域の医療水準向上のため、教育・研究の機能を充実させています。

地域がん診療病院

グループ指定先の地域がん診療連携拠点病院である福岡大学病院と連携し、筑紫医療圏のがん医療の質の向上、発展に貢献しています。これらの活動により、平成28年4月に厚生労働省から地域がん診療病院の指定を受けています。

救急告示病院

救急告示病院として、365日24時間体制での救急医療を行っています。特に、内科系・外科系ともに、休日、平日夜間の輪番制による二次救急診療を行っています。また、開放型病院として病院内に開放病床を用意し、医師会の医師とも連携し、共同診療・指導を行っています。

いきいき健康セミナー

いきいき健康セミナー

小児救急医療の拠点病院

小児救急医療の拠点病院として、休日、平日夜間の輪番日に医師会派遣の小児科医師と本院の小児科医とが共同で救急医療を行っています。これは、地域の小児救急医療支援事業として、行政や地域の皆さまからの評価も高く、今後もさらに機能を充実させていきます。

地域医療従事者に対する研修の実施

地域の医療従事者の資質の向上を図るため、本院主催による医師およびコ・メディカルによる研修会、講習会を開催しています。これにより、本院と地域の医療従事者との接点を持ち、緊密な連携を図るとともに、安心・安全な医療を提供できるよう努めています。

いきいき健康セミナーの開催

地域の方を対象に院内ガーデンホールにてセミナーを開催しています。健康や病気の予防に関する内容で医師等による講演で好評を得ています。

診療科

福岡大学博多駅クリニック

2016年4月21日、博多駅前の大型商業施設「KITTE博多」8階に福岡大学博多駅クリニックを開院しました。福岡大学が持つ高度で先進的な医療を九州の玄関口となる博多駅で展開することを目的としています。
   女性専用エリアでの女性スタッフによる診療、ロボットスーツHAL®を用いたリハビリテーション療法、大学病院の教授等による専門外来、検査外来、外国人を対象とした国際医療を行います。