ホーム > 教育 > 学部 > スポーツ科学部

スポーツ科学部

スポーツ科学部の学科

スポーツと健康について、実践と科学を学ぶ。

  • トップレベルのコーチング・トレーニング、健康運動理論を学ぶ
  • トップアスリートの強化・支援のための実践教育プログラム
  • 充実した施設や設備
  • ハイレベルな指導陣と一流のアスリートが集結
  • 各種の資格試験や採用試験に多くが挑戦
スポーツ科学部

学部長メッセージ

学びの基本は理論知と実践知が融合した「文武合一」。
スポーツと健康を深く広く究め、社会に大きく貢献する人材を育む。

スポーツ科学部の学びの基本は、スポーツ・運動科学の基礎学問を「理論知」として身に付け、スポーツ・運動を実践する中で得た自らの経験や感覚を「実践知」として創造すること。言うなれば、文と武の二つの方面に秀でる「文武両道」ではなく、文と武の二つの方面を融合して学ぶ「文武合一」が、本学部の本分ということになるでしょう。

スポーツ科学部には、トップアスリートの強化・支援と、コーチをはじめとした指導者の育成に重点を置いたスポーツ科学科、健康運動指導士をはじめ社会・地域での心身健康づくりの指導者を育む健康運動科学科があります。本学部では、「人材の養成・教育環境づくり・研究環境の整備」を柱にした“学部の魅力づくり”プロジェクトを展開しています。具体的には、体育教員養成のさらなる強化(現在、体育教員における本学部卒業生数は九州トップクラス)、2020年東京オリンピックに現役選手を出場させることを含めたスポーツ強化、キッズスポーツや中高年者の健康体力づくりなど地域・社会への貢献、スポーツにおける高大連携などに取り組む「FUSS Active Plan」を推進しています。

スポーツと健康運動を通して、多くの方々に感動を与え、豊かな社会づくり、地域づくりに貢献する。本学部は、そんな夢を持った人を求めています。

スポーツ科学部の学科

スポーツ科学科 スポーツ科学を学び、競技能力アップに応用。
ハイレベルなアスリートや指導者を目指す。
健康運動科学科 運動と健康に関する分野を科学的・実践的に学び、
第一線で活躍する研究者や指導者への道を開く。