ホーム > 教育 > 学部 > 薬学部

薬学部

薬学部の学科

質の高い専門家としてはもちろん、
信頼と尊敬を寄せられる薬剤師に。

  • 薬剤師に求められる10項目の基本的資質を養う
  • 体系的なカリキュラム
  • 薬学概論
  • 生物・化学・物理などの薬学の基礎から学ぶ
  • 基礎・創薬科学や医療・臨床薬学および衛生薬学を網羅
  • 共用試験(OSCE/CBT)を実施
  • 5年次に5カ月間の実務実習
  • 薬剤師を養成するための実践的な教育
  • 臨床現場に即した教育
  • 特別実習や総合薬学演習で薬剤師としての資質を磨く
  • 職能をさらに高める卒後教育
薬学部

学部長メッセージ

チーム医療を学ぶための理想的な環境で
サイエンス、技術、人間性のバランスを持った薬剤師を育成する。

薬学部の特色は、教員1人に対し学生約2.5人という少人数制での学びです。入学当初から担任制を導入し、さらに1年次生から研究室に所属するというきめ細かな教育を行っています。また薬学専門分野を1~6年次に系統的、段階的にバランスよく配置し、創薬科学研究にも対応できる総合力を養います。さらに臨床実習を積み重ね、医療人としての倫理観や実践的な技術・能力も身に付けていきます。

医学の進歩による診療の高度化・複雑化、患者さんの医療に対する期待度の高まりなどからチーム医療へのニーズはますます強くなっています。それに伴い先端医療、地域医療の担い手として薬剤師が主体的に行う薬物療法関連の業務は拡大しています。本学は医学、薬学、スポーツ科学部の医療系に関連する3学部を擁し、キャンパス内には大学病院があるなど、チーム医療を推進できる薬剤師の育成が効率よくできる環境です。

文部科学省の策定した薬剤師の理想像は「サイエンス、技術、人間性のバランスを持ったPharmacist-scientist」。本学部での6年間は、この理想像へ真っすぐにつながっています。

薬学部の学科

薬学科 基礎的・臨床的な先端医療研究を土台とする6年間一貫教育。
医療人として社会から真に信頼される薬剤師となるために。