ホーム > 教育 > 学部 > 商学部第二部

商学部第二部

商学部第二部の学科

働きながら学びたい人および社会人に勉学の場を提供

商学部第二部は、商学部に次いで1953年に設立され、60年以上の伝統を持ちます。
  商学部第二部では商学部(昼間部)で開講されている専門科目の多くが開講されており、昼間部と同じ教員が担当しているため、幅広い専門知識を身に付けることができます。1年次には、高校と大学の橋渡しの科目として「基礎ゼミナール」が開講され、2年次からは「商学・経営・会計ゼミナール」を履修することで各専攻の専門性を磨くことができます。また、海外に興味がある学生のために「海外交流ゼミナール」も開講されています。
  その他、公認会計士など難関資格の取得を目指す「会計専門職プログラム」を受講することができ、教員免許〔中学(社会)、高校(地理・歴史、公民、商業、情報)〕を取得することもできます。

商学部第二部

学部長メッセージ

商学の幅広い理論と実践力を身に付けて
地域や世界で活躍するビジネスリーダーへ

商学部は、特色ある3つの学科と夜間の第二部、会計専門職プログラムを擁しています。多岐にわたる商学の専門知識とともに、高い実務能力を身に付けられることが大きな特長です。1年次から少人数のゼミに属し、きめ細かな指導の下で自主的に学ぶ習慣を付け、プレゼンテーション力やコミュニケーション力を高めます。また、企業や行政等と連携・協力して、多様なプロジェクトを展開しています。例えば、天神ロフトと産学連携協定を締結して売場企画を提案したり、アントレプレナーシップ(起業家精神)を育む一環として、企業の協力を得て博多織のカバンを開発したりと、授業で学んだ理論を社会で実践する機会が豊富にあります。さらに学部独自のグローバルプログラムでは、韓国・仁川大學校などとの交流も行っています。

「商学科」では幅広く商学を学び、地域のビジネスリーダーを、「経営学科」では経営と会計を系統的に理解した経営・会計のプロフェッショナルを、「貿易学科」では貿易や国際経済、ビジネス英語などを学び、グローバルに活躍できる人材を目指します。また、学業と仕事を両立できる「商学部第二部」では、働きながら学びたい学生を応援する制度「学生支援ワークスタディ事業」を行っています。さらに学科横断の「会計専門職プログラム」では、在学中に公認会計士等の資格取得を目指します(公認会計士試験 2015年5人、2016年2人合格)。

本学部で商学理論と確かな実践力を培い、ビジネスリーダーとして地域や国際社会に貢献しませんか。

商学部第二部の学科

商学科 働きながら学ぶ。学びをすぐに実践に生かせる。
その積み重ねが、キャリアアップにつながっていく。
会計専門職プログラム 在学中に公認会計士、税理士などの資格試験合格を目指す
福岡大学独自の会計プロフェッショナル養成プログラム。