ホーム > 教育 > 学部 > 商学部 > 会計専門職プログラム > 学問の解説

会計専門職プログラム

在学中に公認会計士、税理士などの資格試験合格を目指す、福岡大学独自の会計プロフェッショナル養成プログラム。

会計・財務関連業務の多様化やグローバル化に伴い、社会からは、高度な専門能力をもった会計専門家が求められています。この社会的ニーズに応えるために商学部・商学部第二部に設置されている「会計専門職プログラム」は、在学中に公認会計士・税理士などのハイレベルな資格試験に合格することを目指すプログラムです。2015年は5人、2016年は2人が公認会計士試験に在学中合格するなど、大きな実績を挙げています。

最大の特長は、公認会計士試験合格実績第1位の専門学校との提携による公認会計士受験対策講座を無料で受講できること。ダブルスクールの費用負担がありません。その他にも、本プログラム学生のみを対象とした基礎ゼミナールなど、合格をアシストする仕組みが整えられています。このようなフルサポート体制で難関資格試験合格が目指せるのは、全国でも本学の会計専門職プログラムだけです。

商学部伝統の会計学専門科目群と少人数のゼミナール教育。これに公認会計士受験対策講座を加えて理論と実践の両面から徹底的な会計教育を行い、“会計のプロフェッショナル”を育成します。

このような方におすすめ

  • 公認会計士や税理士などの「会計のプロフェッショナル」に絶対になりたい。
  • 将来を見据え、勉学に打ち込みたい。
商学部 会計専門職プログラム