ホーム > 教育 > 学部 > 法学部

法学部

法学部の学科

法的思考力を身に付け、
公平な判断能力をもった社会人に。

  • 1年次からクラス担任を配置
  • 少人数クラスの授業を1年次から4年次まで実施
  • 1年次前期に選択必修科目の法学部入門ゼミナールを全員が履修
  • スタディガイド『はじめて法学部の専門科目を学ぶ人のために』を用意
法学部

学部長メッセージ

実社会で広く求められている法的思考能力を、
主体的な学びを通して身に付ける。

視点を変えれば、同じ物でも違う面が見えてきます。多面的に物事を見て、それを説明できる能力。それが、法学の基盤であるリーガル・マインド(法的思考能力)です。法律学・政治学を学ぶことで、このような能力を身に付けます。学びの特長として、1年次全員が登録するゼミをはじめ、少人数教育を重視しています。そこでは人の話を理解し、かつ自分の意見を述べることを修得します。

法学部には、法律や政治の在り方や意味を考えていく「法律学科」と、法律の知識を企業の現場での実践に生かしていく「経営法学科」があります。「法律学科」では、2016年度からコースを再編。法曹や法律関連の資格取得を目指す、または民間企業で活躍したい人のための「法律総合コース」、公務員や公共団体職員としての活躍を視野に入れた「公共法務コース」、地域社会、福祉、メディアの各分野で活躍したい人のための「総合政策コース」があります。さらに、各コースから選抜された学生を対象に少人数かつ双方向型の授業を行い、法科大学院進学、国家公務員総合職等の公務員上級職試験合格、司法書士など難関資格取得に対応する「法律特修プログラム」を設置しています。「経営法学科」では、企業実務を学び起業し、企業活動で活躍したい人のための「ビジネスマネージメントコース」、海外研修や国際化にふさわしい科目を履修して海外で活躍したい人のための「インターナショナルスタディコース」があります。

法学部でリーガル・マインドを身に付け、さまざまな物事を多面的な視点で考えて的確に判断できる能力を持つ、実社会で広く求められている人材に成長しましょう。

法学部の学科

法律学科 入門ゼミで楽しく法律に触れ、将来を見すえたコース履修へ。
社会で活躍するためのリーガル・マインドを身に付ける。
経営法学科 企業における法の役割を理解し、
企業法務の知識を身に付けて
経営者や国際的なビジネスパーソンを目指す。