ホーム > 教育 > 学部 > 人文学部 > 歴史学科 > 学問の解説

歴史学科

一人一人に向き合う細やかな指導。専門性の高い“考える歴史”に取り組む。

歴史学科で学ぶのは「考える歴史」です。日本史であれば古文書を、東洋史であれば漢文の文献を、また西洋史であれば欧文の文献を読み、理解や考察に基づく論文を作成します。それは専門性の高い学びではありますが、段階的に組まれたカリキュラムや学生一人一人への細やかな指導が4年間を支えます。また学生参加型の授業や学会との連携など、充実した教育環境がもたらすメリットも多々あります。卒業後は培った“考える力”を生かして企業への就職はもとより、研究者や博物館学芸員、考古学の専門家を目指し、大学院に進む人も増えています。

このような方におすすめ

  • 単なる暗記ではなく「考える歴史」を学びたい。
  • 考古学、日本史、東洋史、西洋史のいずれかに関心がある。
人文学部 歴史学科1
人文学部 歴史学科2
人文学部 歴史学科3