ホーム > 教育 > 学部 > 経済学部

経済学部

経済学部の学科

地域と世界に強い社会人、
より良い社会づくりに貢献できる経済人へ。

  • 基礎から確実に知識を蓄積していくカリキュラム
  • 1年次から少人数参加型のゼミナールを実施
  • 海外協定校との経済学ジョイントコースを用意
  • 海外から研究者を招いての特別講義を実施
  • 各種の資格試験や採用試験に多くの学生が挑戦
経済学部

学部長メッセージ

主体的な学びで協働性・柔軟性を磨き、「社会の進歩と繁栄」を担う
「頼りがいのある存在」へ。

経済学部の2学科は、それぞれ独自の特徴を持っています。経済学科では、幅広い経済知識、分析力や実証力、それらに基づいた経済学的思考法を養い、経済全体に対する理解力を持った人材を育成しています。産業経済学科では、企業や地域のさまざまな課題を見つけ、現場で働く人々と一緒に解決方法を探るPBL(Project Based Learning)を学科創設当初から取り入れており、実践的な学びを通して問題発見・解決力や行動力を持つ人材を育成しています。

グローバル化がますます進む今日、国際舞台はもちろん、国内においても語学力や積極的なコミュニケーション能力は欠かせないものとなっています。本学部は、アジアを中心とした海外協定校との交流、海外研究者特別講義など、国際交流の場や国際感覚を養う機会を学部独自に提供しています。一方で、地域・地方を活性化させるための視点や考え方を学ぶ授業も重視しており、福岡大学が教育研究の理念として掲げる〔「地域性」と「国際性」の共存〕を推し進めています。

経済学部で主体的に学び、協働性や柔軟性を身に付け、「社会の進歩と繁栄」に貢献することのできる「頼りがいのある存在」を目指しましょう。

経済学部の学科

経済学科 “生きた経済”を幅広く学習。
経済が原動力である現代社会を、強くしなやかに
生き抜く能力を養う。
産業経済学科 調査・分析・実証を重視した実践的な
経済理論と情報リテラシーを備えた
ビジネスエキスパートへ。