ホーム > 大学紹介 > 大学の取り組み > 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づき、学校法人福岡大学の職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、以下の行動計画を策定しましたのでお知らせします。

計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間

内容

目標1
  • 計画期間内に、育児休業および子どもの出生時に父親が取得できる特別休暇の取得状況を次の水準以上にする。
  • 女性職員…育児休業取得率を90%以上とすること
  • 男性職員…特別休暇取得率を30%以上とすること

<対策>
平成27年4月~
育児休業制度および子どもの出生時に父親が取得できる特別休暇等について、学報等を活用した周知・啓発、および管理職等に対し研修・文書等による啓発を毎年実施

目標2

計画期間内に、年次有給休暇の取得日数を、一人あたり平均年間10日以上とする。

<対策>
平成27年5月~
学報等を活用した周知・啓発、管理職に対し研修・文書等による啓発を毎年実施