ホーム > 学生サポート > 学修制度 > 各種学修制度 > 休学・退学・再入学

各種学修制度

休学・退学・再入学

本学の学生として、学部・研究科に所属し、学修することを「大学に在学する」と言います。

在学しなければならない期間(修業年限)

本学の人文学部、法学部、経済学部、商学部、商学部第二部、理学部、工学部、医学部看護学科、スポーツ科学部では、4年間で学部の学修をする期間を設けており、この在学している期間が4年に満たないと単位を修得しても、卒業する資格がありません。これを「修業年限」と言います。休学を1年間すると、その分だけ、卒業が延びることになります。また、医学部医学科および薬学部は、6年間を修業年限としています。なお、一部の学部では飛び級制度、早期卒業制度を設けています。

在学可能な期間(在学年限)

学則第12条に、学生は8年を超えて在学することができないと在学年限が規定されています。ただし、医学部医学科および薬学部の学生については12年が在学年限になります。また、医学部医学科および薬学部については同一学年・年次に在学できる年数は2年が限度です。

上記在学期間が満了した場合は除籍になります。

休学

病気、その他やむを得ない事情で長期にわたり欠席しようとする場合は、届け出期間内の届け出により半年または1年単位で大学を「休学」することができます。医学部医学科および薬学部は原則1年単位となっていますが、休学期間は、学部に関係なく4年間となっています。ただし、入学年度の前期については原則として休学することはできません。

また、休学を届け出る場合は、「休学に必要な費用」を納入し、本学所定の「休学届」の提出が必要です。

手続きに関する詳細については、学部事務室・教務課にお問い合わせください。

退学

病気、その他やむを得ない事情で大学を辞める場合は、本学所定の「退学届」の提出が必要になります。退学時の学期の学費(または休学に係る費用)が未払いの場合は、退学できません。ただし、学費納入期間内に「退学届」を提出すれば、未払いでも退学できます。

手続きに関する詳細については、学部事務室・教務課にお問い合わせください。

なお、一度大学を退学をしても、「再入学」という制度があります。

除籍

退学とは別に、「除籍」と呼ばれる制度があります。この制度は、学費の未払いや在学期間超過等により、大学がやむをえず辞めさせるという制度です。具体的には、次のいずれかに該当した場合は、除籍となります。

  • (1) 授業料等納入金を納入しない場合
  • (2) 成績不振等で成業の見込みがないと認められる場合(在学期間超過を含む)
  • (3) 正当の理由がなく、出席が常でない場合
  • (4) 死亡した場合
  • (5) 休学期間満了時に、正当な理由がなく復学・休学・退学いずれの手続きも行わない場合

再入学

本学を退学した又は除籍された学生が再び本学で学業を継続することができるように、「再入学」という制度を設けています。入学時から起算して8年(医学部医学科および薬学部は12年)を超えない限り、退学した又は除籍された時点において所属する学部へ再入学を許可することがあります。ただし、在学年限内に卒業することができない学生や、一度再入学した後に退学した又は除籍された場合において、再度の再入学はできません。

また、再入学の可否は、必要に応じて、学力検査および面接を3月初めに行い、決定します。

再入学を希望する場合は、再入学を希望する年の1月15日頃までに以下の窓口までお申し出ください。

担当・お問い合わせ 教務部教務課 TEL:092-871-6631(代)