ホーム研究福岡大学の研究 > 未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見

福岡大学の研究

未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見

2015.01.13

福岡大学理学部の宮原慎准教授らの研究グループが、未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見しました。

コンピューターメモリーの高密度化は、これまでメモリーをより狭い領域に作り込む微細加工技術の進展に支えられてきましたが、その延長による高密度化はほぼ限界を迎えています。そこで原子レベルでメモリーとして機能する物質を開発することへの期待が高まっています。その有力な候補物質として磁性体であり強誘電体でもあるビスマスフェライトという物質が注目されてきました。

宮原准教授らの研究グループは、瞬間的に大きな磁場を発生できるパルスマグネットを用いた精密な実験の結果、ビスマスフェライトでこれまで知られていなかった新たな方向の電気分極を発見し、その電気分極が磁場によって制御できることを示しました。この電気分極は一度磁場を加えると元と異なる状態に変化し、磁場を除いた後でも変化後の状態を保持し続けます。電気分極の向きで情報を記録するメモリーとしての使用を考えると、今回観測された効果は特定の状態を保持するのにエネルギーを必要としない不揮発性メモリー効果であり、その効果は室温でも観測されています。

この成果から期待される、電場による磁気状態の制御を使うと、消費電力が少なく、磁石を近づけても情報が乱されない磁気メモリー材料に応用できると期待できます。

詳細はプレスリリースをご覧ください。プレスリリースはこちら
 

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.01.18

最新設備を導入した4階建て「福岡大学総合体育館」が2月に竣工します

福岡大学の新たなシンボル「福岡大学総合体育館」が、現在の体育館である「第一記念会堂」の有する機能をパワーアップさせて生まれ変わります(2017年2月竣工予定)。 新しい体育館には、柔道や...

プレスリリース

2017.01.18

働きながら大学で学びたい学生を支援「学生支援ワークスタディ」制度発足1年利用学生、受け入れ先双方に高評価

福岡大学は、平成28年度に「学生支援ワークスタディ」制度を新設しました。これは、週35時間(昼間)を上限にキャンパス内で大学事務スタッフとして働き、夕方からは商学部第二部の学生として学ぶ...

教育ニュース

2016.12.09

今年はどんな年?現代の世相を高校生が見事に表現、「第12回全国高校生川柳コンクール」結果発表

「第12回(平成28年度)全国高校生川柳コンクール」の入選作品が決定しました。入選は金賞[福岡大学長賞]、銀賞、銅賞、全日本川柳協会賞[特別賞]、西日本新聞社賞[特別賞]、入賞(45作...