ホーム研究福岡大学の研究 > 未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見

福岡大学の研究

未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見

2015.01.13

福岡大学理学部の宮原慎准教授らの研究グループが、未来の磁気メモリー材料開発につながる新たな電気分極成分を発見しました。

コンピューターメモリーの高密度化は、これまでメモリーをより狭い領域に作り込む微細加工技術の進展に支えられてきましたが、その延長による高密度化はほぼ限界を迎えています。そこで原子レベルでメモリーとして機能する物質を開発することへの期待が高まっています。その有力な候補物質として磁性体であり強誘電体でもあるビスマスフェライトという物質が注目されてきました。

宮原准教授らの研究グループは、瞬間的に大きな磁場を発生できるパルスマグネットを用いた精密な実験の結果、ビスマスフェライトでこれまで知られていなかった新たな方向の電気分極を発見し、その電気分極が磁場によって制御できることを示しました。この電気分極は一度磁場を加えると元と異なる状態に変化し、磁場を除いた後でも変化後の状態を保持し続けます。電気分極の向きで情報を記録するメモリーとしての使用を考えると、今回観測された効果は特定の状態を保持するのにエネルギーを必要としない不揮発性メモリー効果であり、その効果は室温でも観測されています。

この成果から期待される、電場による磁気状態の制御を使うと、消費電力が少なく、磁石を近づけても情報が乱されない磁気メモリー材料に応用できると期待できます。

詳細はプレスリリースをご覧ください。プレスリリースはこちら
 

他のおすすめコンテンツ

ニュース

2017.02.01

【再掲】平成28年度福岡大学卒業式のご案内(3/19)

平成28年度福岡大学卒業式ならびに大学院修士課程・博士課程前期学位記授与式を下記のとおり挙行します。 記   【日時】      ...

プレスリリース

2017.02.23

大学教授が小学校で"わくわく"理科教室を開催(2/28)

- 観察・工作・実験を通して、科学の楽しさを伝える - 2月28日(火)、子どもたちの科学教育や環境学習を推進している福岡大学理学部・工学部の教授陣と最先端の医療現場で高度医療を提供して...

教育ニュース

2017.02.27

工学部機械工学科「先輩と語る―大学と社会―」を開催しました

2月1日(水)に、福大生ステップアッププログラムの一環として、工学部機械工学科「先輩と語る-大学と社会-」を開催しました。 当日は機械工学科卒業生の緒方千尋氏(リックス株式会社勤務)...