ホームプレスリリース > 福岡大学市民カレッジ「介護保険と市民の法意識」開講(5/13)

プレスリリース

福岡大学市民カレッジ「介護保険と市民の法意識」開講(5/13)

2017.05.02

要介護認定に不満がある場合はどうする?
社会保障法の専門家が解説
 

5月13日(土)福岡大学で、市民の皆さまを対象に「福岡大学市民カレッジ『介護保険と市民の法意識』」を開講します(無料)。

要介護者や介護をする家族等の負担を軽減するのに欠かせない「介護保険」。介護保険を利用する上で必要となるのが「要介護認定」です。現在、本人の予想・希望と要介護認定の結果に「ズレ」が生じる場合が多く、結果に不満があってもどうすればいいか分からないという人が多くいるようです。

そこで今回の講座では、社会保障法を専門とする本学法学部の山下慎一准教授が、要介護認定に不満がある場合に、法律ではどのような選択肢が準備されているか、また実際に不満を持った人がどのような行動を取るかについて解説します。

  【日  時】
    5月13日(土) 14時~15時30分
  【場    所】
    福岡大学 A401教室(A棟4階)
  【申し込み】
    以下のお問い合わせ先に電話でお申し込みください(無料)。
    ※5月12日(金)15時まで
  【参  考】
    山下慎一准教授が連載中の「研究者コラム」

 

【お問い合わせ先】

福岡大学 エクステンションセンター
電話:092-871-6728 FAX:092-871-6726
 

他のおすすめコンテンツ

トピックス

2017.07.21

体育部会 「平成29年度 第2回 国際大会・全日本大会出場 壮行会」を開催しました

7月20日(木)、福岡大学831教室で国際大会および全日本大会出場者の活躍を祈念して「平成29年度 第2回 国際大会・全日本大会出場 壮行会」を開催しました。 壮行会には、「第29回ユニ...

教育ニュース

2017.05.22

【再掲】金賞には図書カード5万円分「第13回全国高校生川柳コンクール」の作品を募集しています(~9/5)

福岡大学では今年度も「全国高校生川柳コンクール」を開催し、6月1日(木)から作品の募集を受け付けています。 同コンクールは、活字離れが進む中、多感な高校生にわが国固有の短詩形文学に親し...

福岡大学の研究

2017.08.22

〔研究者コラム〕「夏季シーズンに身につけよう!『遊泳術』と『自己保全能力』(第5回)」―大学での水泳教育の現状1―

7月に入り、プール開きや海開きが各地で行われています。今回のコラムでは、競技コーチング・水泳指導が専門の福岡大学スポーツ科学部・田場昭一郎准教授が、「夏季シーズンに身につけよう!『遊泳術...