ホームプレスリリース > 2型糖尿病治療薬が前立腺がんにも効果あり

プレスリリース

2型糖尿病治療薬が前立腺がんにも効果あり

2014.06.04

―糖尿病患者のがん治療に新たな光―

福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科(柳瀬敏彦教授、野見山崇准教授)の研究グループは、2型糖尿病の治療薬の1つであるExendin-4(Ex-4)が前立腺がんに対しても効果があることを発見し、論文が5月30日付のDiabetes紙のオンライン版に掲載されました。

近年爆発的に増加している糖尿病患者ですが、肥満や2型糖尿病患者が前立腺がんを併発した場合、予後が悪いことが知られており、日本における2型糖尿病患者の最も重要な死因はがんとなっています。そんな中、糖尿病や抗糖尿病薬とがんの関係は近年注目を集めつつあります。

この研究では、2型糖尿病の治療薬であるEx-4の抗腫瘍効果におけるメカニズムをはじめて明らかにしました。抗糖尿病薬であるはずのEx-4が血糖非依存性に抗腫瘍効果を有することは、糖尿病患者におけるがん治療の新たな可能性を示すものとして大変有意義です。

今後の継続的な研究により、糖尿病患者のがんによる死亡を減らすことができると期待しています。

※詳細はこちら ※Diabetes紙掲載の論文はこちら

※取材の際は、事前に下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

【お問い合わせ先】
福岡大学 医学部 内分泌・糖尿内科 
電話:092-801-1011㈹ FAX:092-865-5163 内線:3645

他のおすすめコンテンツ

トピックス

2017.03.09

福岡大学スポーツフェスタを開催します(3/20)

3月20日(祝・月)、福岡大学総合体育館で地域の小・中学生を対象に「福岡大学スポーツフェスタ」を開催します(参加無料・要申し込み)。 当日は2月に完成したばかりの総合体育館で、体育部会8...

教育ニュース

2017.03.23

平成28年度「難関試験合格者表彰式」を行いました

3月16日(木)、福岡大学において平成28年度エクステンション講座「難関試験合格者表彰式」を行いました。 本学では、本学の学生がエクステンションセンターで開講する講座(正課外講座)を受講...

福岡大学の研究

2017.03.27

南極通信⑰―第58次南極地域観測隊の活動を写真付きで紹介―(3月3日~8日)

福岡大学理学部・林政彦教授(地球圏科学科)が、第58次日本南極地域観測隊の一員(福岡大学海外研究員)として、平成28年11月末にオーストラリア西海岸フリーマントルで南極観測船「しらせ」に...