ホームプレスリリース > 2型糖尿病治療薬が前立腺がんにも効果あり

プレスリリース

2型糖尿病治療薬が前立腺がんにも効果あり

2014.06.04

―糖尿病患者のがん治療に新たな光―

福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科(柳瀬敏彦教授、野見山崇准教授)の研究グループは、2型糖尿病の治療薬の1つであるExendin-4(Ex-4)が前立腺がんに対しても効果があることを発見し、論文が5月30日付のDiabetes紙のオンライン版に掲載されました。

近年爆発的に増加している糖尿病患者ですが、肥満や2型糖尿病患者が前立腺がんを併発した場合、予後が悪いことが知られており、日本における2型糖尿病患者の最も重要な死因はがんとなっています。そんな中、糖尿病や抗糖尿病薬とがんの関係は近年注目を集めつつあります。

この研究では、2型糖尿病の治療薬であるEx-4の抗腫瘍効果におけるメカニズムをはじめて明らかにしました。抗糖尿病薬であるはずのEx-4が血糖非依存性に抗腫瘍効果を有することは、糖尿病患者におけるがん治療の新たな可能性を示すものとして大変有意義です。

今後の継続的な研究により、糖尿病患者のがんによる死亡を減らすことができると期待しています。

※詳細はこちら ※Diabetes紙掲載の論文はこちら

※取材の際は、事前に下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

【お問い合わせ先】
福岡大学 医学部 内分泌・糖尿内科 
電話:092-801-1011㈹ FAX:092-865-5163 内線:3645

他のおすすめコンテンツ

イベントスケジュール

2017.04.27

九州六大学野球伝統の一戦「福西戦」が行われます(5/14)

5月14日(日)、桧原球場で行われる「九州六大学野球春季リーグ戦」で福岡大学野球部は西南学院大学と対戦します。 この試合では「福西戦応援合戦」が行われます。多くの学生、教職員、卒業生など...

教育ニュース

2017.04.26

薬学部「先輩と語るー大学と社会ー」を開催しました

4月15日(土)、福大生ステップアッププログラム(FSP)の一環として、薬学部主催「先輩と語る-大学と社会-」を17号館(薬学部)で開催しました。 当日は、薬学部を卒業後、さまざまな分野...

福岡大学の研究

2017.04.24

〔研究者コラム〕「法学者の目から見る介護保険(第3回)」―不満な人と審査請求の数が合わない!―

要介護者や介護をする家族等の負担を軽減するのに欠かせない「介護保険」。しかし、その手続きに不満があってもどうすればいいか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、社...