ホームニュース > 最新設備を備えた多機能スポーツ施設「福岡大学総合体育館」完成

ニュース

最新設備を備えた多機能スポーツ施設「福岡大学総合体育館」完成

2017.03.13

学生2万人超が学ぶ西日本屈指の総合大学である福岡大学。その福岡大学の広大なキャンパスの一角に、総合体育館が誕生しました。3月12日(日)には完成を祝って多くの来賓者を迎え落成式を執り行いました。

3月20日(月、春分の日)には、この総合体育館を中心に落成記念のスポーツイベントを開催します。ぜひご参加ください(申し込み方法等の詳細はこちら)。

20170309-1.jpg
  ■施設概要
    竣    工   2017年2月
    構    造   鉄筋コンクリート造
    階    数   地上4階建て
    延床面積   11,063.60㎡
    建築面積     4,738.27㎡
   
    1階 合気道場(1面)、剣道場(2面)、柔道場(4面)、トレーニングルーム他
    2階 応援指導部練習場(3室)他
    3階 バレーボール練習場(2面)、バドミントン練習場(4面)、卓球場(10台)、多目的室(3室)他
    4階 バスケットボール練習場(2面)他

各階の詳細はこちら

20170309-2-3.jpg

 

20170313-15.jpg    20170313-16.jpg

 

20170309-3-2.jpg

エントランス

■スポーツ振興・強化の拠点

全国有数の競技施設が集まるスポーツゾーンの中核施設として誕生した総合体育館は、4階建ての多機能なスポーツ施設です。

武道練習場(柔道・剣道・合気道)や球技練習場(卓球・バスケットボール・バレーボール・バドミントン)は、国際規格に準じた広さや配色を採用。最新のマシンを導入したトレーニングルームやAV設備を完備した多目的室もあり、スポーツ振興・強化に向けた多角的な練習や指導が可能となっています。23団体の部室の中には、遮音対応のブラスバンド練習場や、ボルダリングの練習ができる山岳部室など、ユニークなものもあります。

学生のスポーツ関連授業、課外活動などのスポーツ振興・強化の拠点となっていくと期待されています。

20170309-4.jpg  20170309-5.jpg

 

■地域に開かれた体育館

地域に開かれた体育館として、総合体育館では各種スポーツ大会やキッズスポーツ教室、福岡大学病院との連携のもとで実施する健康づくり教室などを開催していきます。

 

■災害時は地域の避難所にも

福岡大学と福岡市は、本年の3月1日(水)に「災害時における施設等の利用協定に関する協定」を締結しました。この協定に基づき、総合体育館は災害時に地域の避難所として機能することになります。安全性の高い館内には、人命救助に有用なAEDはもちろんのこと、停電時も手動で利用できる自動販売機、担架としても使えるベンチなどを設置します。
 


 


 

他のおすすめコンテンツ

トピックス

2017.03.28

福岡大学総合体育館で落成記念スポーツフェスタを開催しました

 福岡大学総合体育館落成(平成29年3月)を記念し、「福岡大学スポーツフェスタ」を3月20日(月・祝)に開催しました。 当日は、小・中学生約120人が参加し、バレーボール、バドミントン、...

教育ニュース

2017.03.23

平成28年度「難関試験合格者表彰式」を行いました

3月16日(木)、福岡大学において平成28年度エクステンション講座「難関試験合格者表彰式」を行いました。 本学では、本学の学生がエクステンションセンターで開講する講座(正課外講座)を受講...

福岡大学の研究

2017.03.29

南極通信⑱―第58次南極地域観測隊の活動を写真付きで紹介―(3月9日~13日)

福岡大学理学部・林政彦教授(地球圏科学科)が、第58次日本南極地域観測隊の一員(福岡大学海外研究員)として、平成28年11月末にオーストラリア西海岸フリーマントルで南極観測船「しらせ」に...