FUKUDAism(フクダイズム)

  • facebook公式アカウント
  • twitter公式アカウント
  • Instagram公式アカウント
2022831
研究

水素の課題に立ち向かい、クリーンエネルギーを世の中のスタンダードに-山辺 純一郎教授-

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

『福岡大学学園通信』第73号(令和4年4月発行)では、「福岡大学の研究 ~FUKUDAI LAB~」と題し、福岡大学で行われる研究にスポットライトを当て、9人の研究者に話を聞きました。

工学部機械工学科の山辺純一郎教授の研究を紹介します。


「水素脆化(ぜいか)」という、水素によって物質が劣化する現象を研究しています。水素で走る車は、二酸化炭素排出量が極めて少なく、地球環境にやさしい車です。しかし、水素の影響を受けない材料しか使用できず、これが水素の車の値段が高い一因となっています。

私は安価でありながら水素の影響を受けない物質や、影響があっても強度を保てる材料を探し、その程度を調べる研究を行っています。

詳しい記事はこちら(15ページ)をぜひご覧ください。


関連記事

大前宜昭准教授.jpg
新しい1秒を定義づける高性能の光格子時計を、実用化に向けて推進する-大前 宣昭准教授-
井上修准教授.jpg
人間的な行動が会計にもたらす影響を、実証研究で明らかにする -井上 修准教授-
江口昌伍講師.jpg
身近なところに課題を見つけ、数値やデータを駆使して社会活動の改善や目標設定を示す -江口…
山下慎一教授.jpg
プロスポーツ選手のセカンドキャリアを社会保障から考える -山下 慎一教授-
渡邉裕一准教授.jpg
疫病を歴史の側面から読み解き、社会に与える影響や人々の変化をつかみ考察する -渡邉 裕一…