福岡大学大学案内2022
50/110

(2021年度入学生適用) ●必修科目 ○選択必修科目 △選択科目専門教育科目カリキュラム1年次2年次3年次4年次専門教育科目●化学実験  ●物理学実験●生物学実験   ●地球科学実験 ●卒業論文A群○地球物質科学実験Ⅰ,Ⅱ○地球科学野外演習○地球科学野外実習B群○地球物理学実験Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,ⅣC群   ○生物科学実験Ⅰ,Ⅱ○生化学実験   △数学Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ△力学Ⅰ,Ⅱ△化学A,B△地球圏科学序論△地球圏科学入門演習△地球科学Ⅰ,Ⅱ△地球物理学概論△生物科学Ⅰ,Ⅱ△数学Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ△物理学Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ△化学C,D△地球物質科学Ⅰ△地球環境進化学Ⅰ△地球変動科学Ⅰ△地球物質循環学Ⅰ△大気物理学△動物生理学△発生生物学△遺伝生物学△生態学△地球物質科学Ⅱ△地球環境進化学Ⅱ△地球変動科学Ⅱ△地球物質循環学Ⅱ△地球物質化学△地殻進化学△地球化学△地球熱学△流体力学Ⅰ,Ⅱ△地球流体力学△大気環境物理学A,B△気水圏物理化学△原子物理学△エレクトロニクス△構造生物学△神経生物学△行動生物学△形態形成制御学△進化生物学△植物生理学△エネルギー生物学△系統分類学△生物学野外実習△応用地球圏科学△理科教育法Ⅰ,Ⅱ△地球圏科学特別講義A,B,C科目の詳細›シラバスWeb版›自然科学の基礎を徹底的に、地球・大気・生物を専門的に学び、この星と生命の未来への貢献を目指して。地球圏科学科の特長は、物理学、化学、生物学、地学といった地球や生命を理解するための自然科学を、幅広く基礎から学べることです。1・2年次の学習によって抱いた興味や関心によって、3年次からは地球科学分野、地球物理学分野、生物学分野のいずれかを選び、専門的かつ統合的に学びます。地球と生命を相手に、豊富な実験、演習、フィールドワークに取り組みます。目指すのは、自然科学を通して地球と生命の未来に貢献できる“私”です。● 1・2年次に自然科学の基礎領域を広く学び、3年次からは、岩石圏・大気圏・生物圏に対応する地球科学分野、地球物理学分野、生物学分野の専門を深く学びます。自分の専門分野だけでなく、他の分野の科目も自由に履修できます。4年次には、地球や生物に関する最新のトピックスを扱った特別講義を履修できます。幅広い基礎から最新の研究成果まで、地球と生物に関する豊かな知識を身に付けます。● 多くの実験や演習、フィールドワークに取り組みます。その集大成が、4年次に1年間をかけて行う卒業研究です。対象は電子顕微鏡で見るミクロな生物の世界から地球の歴史を刻んだ地層まで。テーマはさまざまでも、実践を通して自然を観る目、自然と対話する技術を身に付けることが3分野共通の目標です。● 本学科で学ぶ知識や技術が現場でいかに活用されているか、現場に立つ専門家による「応用地球圏科学」で社会とのつながりを考えます。教員、博物館学芸員などの職業教育課程も充実。より高度な研究を求めるなら大学院。社会の中での自分の役割と職業について考えます。地球圏科学は、物理学、化学、生物学、地学などの自然科学の統合科学。1・2年次は、それら自然科学の基礎領域を徹底的に学ぶ。豊富な実験を通じて、自然を観る“目”と“実証力”を身に付ける。● 地球科学分野● 地球物理学分野● 生物学分野/地学を軸に、固体地球の成り立ち、地球の歴史 などを対象に学習・実験。/物理学、化学を軸に、大気の運動や大気中の 物質などを対象に学習・実験。/生物学を軸に、生物の発生、細胞、神経系、行動を 対象に学習・実験。教員の指導のもと、専門研究を進め、4年間の集大成「卒業論文」にまとめる。自然科学の基礎から地球と生物に関する最新の知識を学習実験・演習・フィールドワークで地球・生物と対話専門教育と社会と職業、そして、進路を考える1・2年次3年次4年次将来は自然科学の基礎を徹底学習専門分野を選び研究につなげつつ各分野を横断した履修も可能卒業論文をまとめる地球―生命を見る確かな目と知識で、人々の未来に貢献できる人材へ4年間の流れ学びの特色[地球科学分野]● 過去から現在に至る造礁生物の生態遷移● 石灰岩に記録された海水準変動の復元● 九重及び霧島火山における地熱・温泉の生成機構● 火山地形・地質による噴火史編年[地球物理学分野]● 傾圧不安定波のドリフト周期の深さ依存性● 冬季における寒気の分布と移動経路● ライダー観測による雲の光学特性● 福岡におけるエアロゾルの高濃度イベントと長距離輸送[生物学分野]● 昆虫の触角葉における匂い情報処理機構の解析● ミツバチ個体への振動刺激が行動におよぼす影響● 細胞運動における細胞骨格の役割● ヘパリン注入によるナミアゲハの翅紋様変異卒業論文の主な研究テーマ048理学部理学部[地球物理学実験Ⅲ] 回転水槽実験の様子。回転する台の上に置かれた水槽を用いて、地球大気の運動を模倣した実験を行っています。地球圏科学科Faculty of Science, Department of Earth System Science

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る