福岡大学 大学案内2018
81/188

理学部物理科学科「明解さ」と「難解さ」が物理学の魅力大学院に進学して、さらに研究を深めたい科目Pick Up!主な就職・進路先 電気や磁気について、高校物理の復習からスタートして学びます。理解を深めるための問題演習も行います。最後は電磁波などの発展的な内容を学習し、社会のさまざまな分野で活躍するための基礎を身に付けます。基礎電磁気学Ⅰ,Ⅱ、基礎電磁気学演習Ⅰ,Ⅱ、電磁気学Ⅰ,Ⅱ 近年の観測・理論の大きな発展により、宇宙に関する謎が次々と明らかになってきています。 本講義では最前線の研究にも触れながら、相対論・量子論などを駆使して宇宙の謎を解き明かしていきます。宇宙天体物理学理学部物理科学科 4年次生荒巻 昂さん福岡県 久留米高校出身VOICECHECK卒業論文の主な研究テーマ●応対メディアのための信号変換 ●ナノスケールの構造と物性に関する研究 ●X線・粒子線散乱と第一原理計算による物性の研究●原子核の構造と運動に関する研究●物理情報システムの応用に関する研究 ●高圧下における半導体の構造と物性●高温超伝導体の高機能特性の研究 ●生体由来物質に関する研究●量子多体系のゼミナールと数値計算●レーザー分光に関する研究●超分子複雑系のダイナミクスの研究●生体超分子の構造と機能発現機構に関する研究●高分子の構造と物性に関する研究●ナノスケールの材料の電子物性の研究●超新星爆発などの宇宙・天体に関する研究●数値計算手法による物性理論研究専門教育科目カリキュラム科目の詳細(2017年度入学生適用) ●必修科目 ○選択必修科目 △選択科目福岡大学 シラバス検索専門教育科目関連教育科目1年次2年次3年次4年次○物理数学○電磁気学Ⅰ○振動波動論Ⅰ○解析力学○現代物理学入門△結晶物理学△宇宙天体物理学△エレクトロニクス△物理実験学△生物学A,B△化学実験△プログラミング△情報処理概論△物理と社会△化学A,B△地学A,B△情報社会と倫理他大学(短期大学を含む。)の授業科目のうち理学部教授会が適当と認める科目○電磁気学Ⅱ○振動波動論Ⅱ○光学○熱力学Ⅱ○連続体力学○統計力学Ⅰ○量子力学Ⅱ△相対論△物性物理学Ⅰ,Ⅱ△計算物理学△コンピュータ シミュレーション△生物学実験△地学実験△地球流体力学△理科教育法Ⅰ,Ⅱ△ソフトウェア工学△情報システム論△計測・制御論○統計力学Ⅱ△物理情報計測特別講義△ナノ物理学特別講義△物性物理学特別講義△基礎物理学特別講義△地球物質循環学△行動生物学△地球環境進化学△神経生物学△地球物理学△通信工学△情報伝送工学△発明と特許物理分野理科分野情報分野キャリア分野PickUp!●力学Ⅱ●力学演習Ⅱ●基礎電磁気学Ⅱ●基礎電磁気学演習Ⅱ●熱力学Ⅰ●物理科学実験Ⅰ●量子力学Ⅰ●熱力学・量子力学演習●物理科学研究Ⅰ,Ⅱ●物理科学実験Ⅱ●卒業論文●物理学基礎 ゼミナール●物理学入門Ⅰ,Ⅱ●物理学入門演習●力学Ⅰ●力学演習Ⅰ●基礎電磁気学Ⅰ●基礎電磁気学演習Ⅰ●情報活用演習●物理学実験PickUp!4年間の流れ将来は企業・教職・大学院など広範囲な場で問題を探究・解決する人へ1年次少人数クラスでの「物理学基礎ゼミナール」などから、大学で物理学を学ぶための基礎を得る。4年次「卒業論文」を通じて、これまでに学んだ物理学の集大成に取り組む。2・3年次3年次後期からは研究室に配属。各自のテーマに取り組み、マンツーマンの指導を受ける。●物理学系/基礎物理学の体系・骨格を学び、論理的思考力を養う。●材料(デバイス)系/結晶・材料に則して物理を学び、物質科学の素養を身に付ける。●情報系/物理学を土台とする情報科学を学び、同時に実践的な情報処理能力も身に付ける。My schedule(3年次前期)9:0010:4013:0014:4016:20WED熱力学Ⅱ物理科学実験ⅡMONインターミディエイト・イングリッシュⅢ計算物理学物性物理学ⅠTUE振動波動論Ⅱ連続体力学FRI電磁気学Ⅱ量子力学Ⅱ物理科学実験ⅡTHU地理学A物理学演習共通教育…p.21 各種課程…p.122 インターナショナルプログラム…p.124 キャリア形成支援(就職・資格取得)…p.146 就職データ…p.156 入試情報…p.173 物理学の面白さは、さまざまな現象を数式で美しく記述できることにあります。例えばフィギュアスケートで、選手が回転する時に手足をギュッと縮める動作。そうするとより速く回転できるのですが、物理学を使えばその動作が速さと距離に関係することを「角運動量保存の法則」で説明できます。このように数式ですっきり表現できることがある一方で、学ぶほどに分からなくなる難解さがあるのも物理学の魅力。リニアモーターカーの原理である超電導理論の基となる理論で、粒子の運動を記述する「量子力学」がそうなのですが、本当に難しい。理解できないから勉強してまた分からなくなる、そんな謎が謎を呼ぶ感じが楽しいです。3年次からは研究室に入り、非平衡系の実験を行っています。身の回りの現象の多くが温度や気圧が一定ではない非平衡状態で起こっているのですが、その理論はまだ確立されておらず、学ぶほどに面白い分野。大学院に進み、さらに探究するつもりです。製造 4.3%建設 8.5%不動産・物品賃貸2.1%卸売・小売 6.4%公務 2.1%サービス19.1%金融・保険4.3%医療・福祉 2.1%情報通信19.1%教育・学習支援8.5%大学院進学23.5%Fukuoka University Guide 2018079

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る