福岡大学 大学案内2018
117/188

ストレスが少ない運動指導を学び、子どもの心と体を元気にできる教員を目指す科目Pick Up!主な就職・進路先 この授業では、「スポーツを考える楽しさを実践すること」を目標としています。幅広くスポーツに対する興味・関心が高まるよう、DVDなどの視聴覚教材を用いながら授業を展開します。生涯スポーツ論 ヘルスサイエンスをリードする指導者を目指し、疾病の予防と改善に有効な運動の理論と実践を学びます。運動負荷試験や体脂肪量測定など、福岡大学でしかできない「自分の身体を科学する」実習が満載の授業です。健康スポーツ演習スポーツ科学部健康運動科学科 4年次生遠藤 薫さん山口県 西京高校出身VOICECHECK4年間の流れ将来はレクリエーションや健康運動に関する研究者や指導者へ1年次心身の健康維持や増進、回復の理論と技術に関する基礎理論を着実に修得していく。2年次健康づくり・野外教育・レクリエーションに関する知識と理論、技術を学ぶ。3年次運動療法や健康づくりの指導、野外教育・レクリエーションの指導などの演習・実習に取り組む。4年次これまでの実践や理論学習をベースに「卒業研究論文」をまとめ、4年間の集大成とする。スポーツ科学部健康運動科学科専門教育科目カリキュラム科目の詳細(2017年度入学生適用) ●必修科目 ○選択必修科目 △選択科目福岡大学 シラバス検索※A群=健康運動指導者コース推奨科目群 B群=保健体育教員コース推奨科目群 C群=生涯スポーツ教育コース推奨科目群 D群=コース共通科目群△解剖生理学Ⅰ,Ⅱ△ウェイト トレーニング演習△スポーツ史△スポーツ方法学△スポーツ哲学△陸上競技Ⅰ△器械運動Ⅰ●スポーツ心理学●生涯スポーツ論●体力学●体つくり運動Ⅰ●ダンス●フレッシュマンセミナーⅠ,Ⅱ●スポーツ内科学●スポーツ生理学●レジャー・ レクリエーション総論●スポーツ社会学●健康スポーツ論○スポーツ整形外科学○健康運動器外科学●キャンプⅠ●水泳Ⅰ●ステップアップセミナー●健康スポーツ演習●スポーツ科学演習●卒業研究論文△健康運動指導演習Ⅱ△運動療法実習△保健体育教職演習Ⅱ△健康スポーツ心理学△身体コンディショニング論△スポーツバイオメカニクス△保健体育科教育法Ⅰ,Ⅱ△発育発達老化△健康スポーツ経済学△健康スポーツ心理学△野外教育概論△スポーツ経営管理学△スポーツ統計学△スポーツ生化学△スポーツ栄養学△団体指導△バスケットボールⅠ△バレーボールⅠ△ハンドボールⅠ△サッカーⅠ△ラグビーⅠ△柔道Ⅰ△剣道Ⅰ△スキー△アクア スポーツ△運動栄養学△水泳Ⅱ△運動療法・処方(含むリハビリテーション)△公衆衛生学(含衛生学)△保健体育科教育法Ⅲ△学校保健△公衆衛生学(含衛生学)△レクリエーション演習Ⅰ,Ⅱ△スポーツ産業論△スポーツマーケティング論△スポーツ コミュニケーション論△生涯スポーツ実習△スポーツ行政論△社会調査実習△野外教育・ レクリエーション支援論△スポーツバイオメカニクス 及び運動学実験△スポーツ心理学実験△スポーツ生理学実験△スケート△テニス△卓球△体つくり運動Ⅱ△バドミントン△レスリング△ゴルフ△基礎防災学△社会福祉論△アダプテッドスポーツ演習△キャンプⅡ△教職事前実習△保健体育教職演習Ⅰ△学校体育経営管理学△保健教材演習△保健体育科教育法Ⅳ△フィットネス実習△エアロビックエクササイズ△健康運動指導演習ⅠA群△スポーツ情報処理実習△スポーツ運動学C群D群B群PickUp!PickUp!1年次2年次3年次4年次専門教育科目My schedule(3年次前期)MON9:0010:4013:0014:4016:20WEDアダプテッドスポーツ演習レクリエーション演習Ⅰスポーツ科学演習TUE保健体育科教育法Ⅲ運動療法・処方特別活動論教育方法論FRIインターミディエイト・イングリッシュⅢ公衆衛生学エアロビックエクササイズ地理学ATHUスポーツ生理学実験学校保健共通教育…p.21 各種課程…p.122 インターナショナルプログラム…p.124 キャリア形成支援(就職・資格取得)…p.146 就職データ…p.156 入試情報…p.173 保健体育の教員を目指して本学科へ。1年次の「解剖生理学」では、医師である先生から体の構造や機能、どうするとケガにつながるのかなど、体と運動の関係について学びました。2年次の「スポーツ生理学」では血液やホルモンなど生理学的な視点からスポーツ活動を考察。例えば、有酸素運動で酸素を運搬する能力を高めるにはゆっくり長く走る方が効率的だと分かりました。3年次からは運動生理学の研究室に入り、爪を培養して遺伝子を取り出し体質を調べるなど、さまざまな実験に取り組んでいます。その一環で、小・中学生の体力向上を目的とした運動プログラムを考案。運動が苦手な子どもでもストレスをあまり感じずにできる運動を考え、市内の小学校で実施しました。熱心に指導すればどの子もできるようになり、喜ぶ子どもたちを見て、教員になりたいという思いが一層強まりました。将来は、生徒一人一人に寄り添い運動の楽しさを伝え、心身の成長を支えられる教員になりたいです。建設 1.5%金融・保険 4.6%情報通信 4.6%公務 10.8%教育・学習支援 13.8%製造 4.6%運輸・郵便 3.1%医療・福祉 7.7%不動産・物品賃貸 4.6%大学院・他大学進学7.7%卸売・小売16.9%サービス20.1%Fukuoka University Guide 2018115

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る