福岡大学 大学案内2018
116/188

スポーツ科学部健康運動科学科学びの特色健康運動に関する指導の方法論を身に付ける本学科ではスポーツを医学的かつ科学的に基礎から学び、健康運動・スポーツレクリエーション指導の方法論を身に付けていきます。また、知識を綿密に積み重ねられるようなカリキュラムを構成。1年次からの2年間で基礎理論を着実に修得し、3年次に多く設定された演習や実習を通じて、社会での実践につなげていきます。4年次では興味・関心ある分野にテーマを定め、「卒業研究論文」をまとめていきます。◎“運動と健康づくり”を専門とする保健体育教諭を養成健康運動やスポーツレクリエーションは学校教育の場でも重要視されており、指導の方法や技術を専門的に身に付けた教員が求められています。本学科ではそのニーズに応え、“運動と健康づくり”を専門とする中学校・高等学校の教諭一種免許(保健体育)の取得を可能にしています(教職課程履修が必要)。◎健康運動指導士などの資格取得を積極支援特定健診・保健指導の義務化に伴い、健康運動指導士の重要性が増しています。これを背景に本学は健康運動指導士養成校として認定されました。◎キャンプインストラクターやレクリエーションインストラクターの資格も取得可能であり、地域におけるスポーツ指導等の資格取得につながる科目も開講しています。◎運動と健康に関する分野を科学的・実践的に学び、第一線で活躍する研究者や指導者への道を開く。健康運動科学科では学生自身がスポーツとレクリエーションを実践しながら、心身の健康維持や増進、回復の理論と技術を学びます。スポーツ科学科と比較した場合、“運動による心身の健康づくり”を重視しているところが特徴です。生活に密接な運動と健康づくりを科学的に学習すると同時に、現場での実習や企業・地域公共施設と連携した実務教育を展開。スポーツ医科学や生涯スポーツの最前線で活躍するハイレベルな研究者や指導者を育成します。BEST CHOICE 2018114

元のページ  ../index.html#116

このブックを見る