福岡大学 大学案内2018
112/188

 スポーツ科学部は、スポーツ・運動に関する自然・人文・社会科学、及び各分野を融合した総合科学的研究を深め、それによって得られた知識を実践に生かすことを教育研究の理念とする。この理念に基づき、スポーツ界・教育界・産業界・官界・地域社会・医療分野等において、貢献し得る優秀な人材を養成することを目的とする。 スポーツ科学部は人材養成の目的を達成するために、の入学を求めています。■トップレベルのコーチング・トレーニング、 健康運動理論を学ぶ■トップアスリートの強化・支援のための 実践教育プログラム■充実した施設や設備■ハイレベルな指導陣と一流のアスリートが集結■各種の資格試験や採用試験に多くが挑戦スポーツ科学部からつながる資格試験スポーツ科学部からつながる採用試験スポーツプログラマー、ジュニアスポーツ指導員、各種競技団体認定コーチおよび同上級コーチ、日本体育協会指導員および同上級指導員、日本レクリエーション協会認定レクリエーションインストラクター、健康運動指導士などの資格試験。なお卒業後、社会教育主事やスポーツ関連の資格取得を目指す場合、指定科目の講習や試験が免除されることがあります。中学校・高等学校の保健体育教員、地域のスポーツ振興等に関わる地方公務員(都道府県庁・市役所・町村役場などの地方自治体職員)、スポーツ施設の運営等に関わる独立行政法人・特殊法人・公的団体の職員などの採用試験。スポーツ科学部スポーツと健康について、実践と科学を学ぶ。人材養成の目的アドミッション・ポリシー 入学者受入れの方針1234スポーツを日常的に実践している人スポーツや身体運動を対象に積極的に科学しようとする人競技スポーツにおけるパフォーマンスの向上を目指す人体育教員、スポーツコーチ、インストラクター、健康運動指導士などスポーツや健康全般にかかわる職種を目指そうとする人BEST CHOICE 2018110

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る