福岡大学 大学案内2018
100/188

工学部学びの特色キーワードに「強・用・美」を掲げて学習「強・用・美」とは建築に必須な3要素を表すキーワードであり、約2,000年前の古代ローマ帝国時代に編纂された建築書に記されています。その意は「建築とは美しく・使用のための機能に優れ・強固でなければならない」であり、本学科では、それらに通じる基礎・基本を徹底的に学習します。◎先進的な研究成果を教育にフィードバック耐震・免震・制震構造やシックハウス、環境やリサイクルに関する先進的な研究を実施。次代の建築技術をリードする研究の成果は、教育にもフィードバックされます。◎5,700人を超える学科卒業生が学生を支援本学科の卒業生は5,700人を超え、全国各地で活躍しています。そのネットワークは強く、就職活動時の訪問対応をはじめ、後輩在学生へのサポートにも熱心です。◎社会のニーズを踏まえた3コース制社会のニーズを踏まえた3コースを設定。学生の個性や進路への志望に合わせ、総合力あるいは専門分野での実践力を高めます。また、「JABEE(日本技術者教育認定機構)」が認定する教育プログラムも提供。必要な科目を履修し卒業した者は、修了証明が授与されるとともに、技術士(国家資格)一次試験が免除されます。◎社会や人々のニーズ、自然環境との調和を踏まえた建築。それを計画・設計できるプロアーキテクトへの幅広い学び。建築学科では古代ローマの建築書の「強・用・美」という言葉のように、バランスの取れた専門家の育成を目指します。門戸は常に広く開かれており、学ぶ動機はデザインやインテリア、あるいは防災や環境問題などさまざまなものが考えられます。社会や人々のニーズにこたえる、プロフェッショナルとよぶにふさわしい実力を持った建築家(建築士)や技術者を目指して、基本的なことから専門的・実践的なことへと地域と連携しつつ、学生の力を着実に伸ばしていきます。建築学科【総合コース】 総合的な知識と視野を培い、広く建築界で活躍できる人材を目指した学びに取り組みます。<JABEE認定教育プログラム>【設計・計画コース】 美と機能を融合・両立させた建築および空間デザインのエキスパートを目指して学びます。【構造コース】 建築に不可欠な強度計算に基づく構造設計と構造技術のエキスパートを目指して学びます。BEST CHOICE 2018098

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る