福岡大学 大学案内2017
43/236

人文学部 ドイツ語学科 3年次生福岡県 八幡高校出身少人数クラスで文法や発音などの基礎を徹底学習。ネーティブとの積極的な会話で表現力を高めていく。 高校時代にゲーテとニーチェの本を読んでドイツに興味を持ち、本学科へ。1年次から、文法や発音など基礎をしっかり身に付け、初めてのドイツ語を楽しく学べます。授業は少人数制なので発表や発言する機会が多く、先生との距離も近いためコミュニケーションも取りやすいです。ネーティブの先生からは、日本人には発音の区別が難しい「R」と「L」など、発音指導を受けました。またドイツ語はローマ字に近い読み方をするものもあれば、「eu」は「オイ」と読み、「ei」は「アイ」と読むという特殊な規則もあり、読み分けるのに戸惑いましたが、今は英語よりもドイツ語を読む方が楽になりました。学科の先生に紹介されたドイツ人留学生の「タンデムパートナー」とは、互いの言語を教え合っていて、表現力を付けるのに役立っています。さらにドイツの芸術や歴史、ドイツ映画を観て日常の暮らしや風習などを知るうちに「留学して語学力を磨きたい、ドイツをもっと深く知りたい!」という気持ちが強くなり、3年次の春からドイツに留学中です。My schedule(2年次後期)インターミディエイト・イングリッシュⅡドイツ文学基礎講読Bドイツ語基礎会話Ⅱ実務ドイツ語B倫理学Bドイツ語音声学B教育原論ドイツ語ⅡA社会人類学ドイツ事情基礎講読Bドイツ文法Bドイツ語ⅡBドイツ文学史BMon.Tue.Wed.Thu.Fri.9:0010:4013:0014:4016:20吉村 優利奈さん主な就職・進路先ヨーロッパ学入門(ヨーロッパ特別コース科目)演習Ⅰ,II フランス語学科の学生と共に、ドイツ語学科・フランス語学科2人の教員の下、ヨーロッパ文化の全体を古代地中海世界にまで遡って眺望します。ドイツ語圏コースの学生は同じく少人数ゼミ形式の「ゲルマニスティク入門」を履修します。ルターやゲーテ、モーツァルトやベートーベン、ニーチェやアインシュタインらの芸術・思想から、自動車、環境、サッカーに至るまで、自らテーマを選んで研究し、卒業論文にまとめます。学入門(科目Pick Up!さかのぼ3・4年次の2年間、同じ教員のゼミに属します。運輸・郵便 5.7%サービス17.1%卸売・小売25.7%公務14.3%製造11.4%その他 5.7%情報通信 5.7%教育・学習支援 2.9%建設 2.9%金融・保険 8.6%ゼミナールの主な研究テーマ4年間の流れヨーロッパと日本の懸け橋となって国際舞台で活躍する人に複眼的思考力を養いグローバル化社会を舞台に活躍する人に2年次3・4年次1年次◎「ヨーロッパ学入門」でヨーロッパの成り立ちと今を学ぶ。「日本語リテラシー」で自国文化の発信力を養う。◎留学生との共同授業と共同生活、ドイツ語圏現地研修でドイツを身近に体験し、自らもドイツ語圏へ留学。◎英語やドイツ語を基底言語としたゼミを通じて、外国語でのプレゼンテーションや議論の能力を養う。ヨーロッパへ旅立つ準備は万全です。◎「ゲルマニスティク入門」でドイツ、スイス、オーストリアなど、ドイツ語圏文化への関心を養う。◎ドイツ語圏現地研修でドイツを身近に体験し、文化の違いを肌で感じ複眼的思考力を養う。◎地域文化・言語文化・表象文化に関するゼミナールを選択し、関心あるテーマを深めていく。ゼミでの討論や論文作成を通じて、問題解決能力を高める。ヨーロッパ特別コースドイツ語圏コース科目の詳細福岡大学 シラバス検索専門教育科目カリキュラム4年次3年次2年次1年次人文学部他学科及び他学部の授業科目のうち人文学部教授会が適当と認める授業科目他大学(短期大学を含む。)の授業科目のうち人文学部教授会が適当と認める科目専門教育科目関連教育科目●卒業論文●卒業研究●比較文学概論●日本文学概論Ⅰ,Ⅱ●中国言語文化概説A(文学)●憲法Ⅰ,Ⅱ●民法入門●民法総則●コンピュータ入門Ⅰ,Ⅱ●現代新聞学 ●科学思想史A,B●西洋史概説A,B●西洋商業史A,B●西洋建築史●コンピュータ入門Ⅲ,Ⅳ●文化人類学特講●社会人類学●ギリシャ語A,B●ラテン語A,B●日本語学概論Ⅰ,Ⅱ●日本語史Ⅰ,Ⅱ●言語学概論A,B●西洋美術史●西洋美術論●社会哲学入門●社会思想史●古代ギリシア哲学●中世ヨーロッパ哲学●近代ヨーロッパ哲学●言語の哲学●現代哲学●EU法●ドイツ法●フランス法●社会科学概論○ドイツ語基礎演習A,B○ドイツ語基礎会話A,B○演習ⅠA,ⅠB○演習ⅡA,ⅡB△ヨーロッパ地域文化特講A,B,C,D△ヨーロッパ言語文化特講A,B,C,D△ヨーロッパ表象文化特講A,B,C,D△ドイツ語圏地域文化講読A,B,C,D△ドイツ語圏言語文化講読A,B,C,D△ドイツ語圏表象文化講読A,B,C,D●時事ヨーロッパA,B●実務外国語A,B●フランス文法論A,B●フランス文学概論A,B●フランス語学概論A,B●ドイツ文法論A,B●ドイツ文学概論A,B●ドイツ語学概論A,B●ヨーロッパ地域文化概論A,B●ヨーロッパ言語文化概論A,B●ヨーロッパ表象文化概論A,B●ヨーロッパ学ICTⅡA,ⅡB○ゲルマニスティク入門A,B○ドイツ語基礎講読A,B○ドイツ語圏文化基礎論A,B●ドイツ語圏現地研修●ドイツ文学史A,B●ヨーロッパ学ICTⅠA,ⅠB●フランス語圏現地研修●フランス文学史A,B●イギリス文化・文学概論A,B●アメリカ文化・文学概論A,B●日本の文化と歴史A,B,C,D ●東洋の文化と歴史A,B,C,D●西洋の文化と歴史A,B,C,D●欧米各国史A,B●マス・コミュニケーション論●現代メディア論●図書館概論●図書館資料論●国際法総論●親族法●フランス語圏地域文化講読A,B,C,D●フランス語圏言語文化講読A,B,C,D●フランス語圏表象文化講読A,B,C,D●東アジア相互理解演習A,B(2016年度入学生適用)○必修科目 △選択必修科目 ●選択科目○日本語リテラシーA,B○ヨーロッパ学入門A,B○クロスカルチュラル・リテラシーA,B○コミュニケーション基礎A,B○プレゼンテーション基礎A,B△ヨーロッパ文化基礎論A,B△ヨーロッパ地域文化講読A,B,C,D△ヨーロッパ言語文化講読A,B,C,D△ヨーロッパ表象文化講読A,B,C,D△コミュニケーション理論と実践A,B,C,D△プレゼンテーション理論と実践A,B,C,D△ドイツ語作文A,B,C,D△ドイツ語会話A,B,C,D●時事ドイツ語A,B両コース共通科目ドイツ語圏コース科目ヨーロッパ特別コース科目PickUp!PickUp!●ドイツ語を通して言語を学ぶ●ドイツの若者 ●世界をどう見るか、どう感じるか●LG学生のためのテキスト主義ICT ●映像とドイツ文学、そしてドイツ発見的世界●文化史の視点から:ドイツ近現代の転換期●ことばと社会・文化●Literatur im Spiel入試情報p.167就職データp.150キャリア形成支援(就職・資格取得)p.140インターナショナルプログラムp.120各種課程p.118共通教育p.21CHECKドイツ語学科人文学部41Fukuoka University Guide 2017

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です