福岡大学 大学案内2017
37/236

人文学部 日本語日本文学科 4年次生福岡県 春日高校出身日本語の表現を深く読み解き、その魅力を外国の人にも伝えられるように。 国語の教員か外国人に日本語を教える教師になりたいと思い、本学科へ。日本語の細かな表現を学ぶ授業では「残り」と「余り」の違いについて考察。引き算で考えると「残り」であり、割り算なら「余り」。さらに「冷ます」と「冷やす」など自分が無意識のうちに使い分けている日本語表現を、まず自分が正確に理解しなければ外国人に正しく伝えられないと気付かされました。「近代文学演習」では川端康成の短編小説「化粧」を研究。季節に敏感だった作者が、なぜ秋の七草である桔梗を3月の花として登場させたのかを考え、「不自然さ、違和感を表現したかったのでは」という仮説を発表。作者の心情、個性など、さまざまな視点や角度で文学を読み解く面白さを実感した授業でした。また「日本語教育」で学んだ、日本語が分からない外国人に日本語を分かりやすく教える方法は、日本人に教授するときにも大いに役立つと思います。将来は学科での学習を生かして中学校の教員に。日本語教員課程の勉強も頑張っています。My schedule(3年次前期)日本文学特講ⅦbMon.特別活動論日本語学特講Ⅰb日本語教育法ⅢTue.統計入門近代文学演習Ⅲa国語科教育法ⅠWed.現代語演習a西洋文学A芸術AThu.日本語学特講Ⅴb生徒指導論(進路指導を含む。)国語科教育法Ⅲ書道Fri.9:0010:4013:0014:4016:20堂園 夏実さん主な就職・進路先日本語日本文学基礎演習卒業論文及び卒業論文指導 入学してすぐに受講する専門科目です。日本語学・古典文学・近代文学を専門とする3人の教員が交代で担当します。15人程度の少人数クラスで、大学での学び方(授業の受け方・ノートの取り方など)や各分野の基礎的な事項を学びます。 大学での学修の集大成となる卒業論文を作成します。日本語学・古典文学・近代文学を専門とする10人の教員のいずれかにつき、個別指導を受けます。本学科のカリキュラムは、卒業論文に向けて組み立てられています。日本語日本文学科目Pick Up!情報通信 4.9%サービス19.5%教育・学習支援29.3%卸売・小売14.6%その他 4.9%製造9.8%運輸・郵便 2.4%公務 2.4%建設 2.4%大学院・他大学進学 9.8%4年次3年次◎それまでの学習をベースに古代から現代までの語学や文学、および比較文学のゼミに所属。自分の興味や関心に応じたテーマを見つけ、専門研究に取り組む。◎3年次のゼミで見つけたテーマの研究を進め、担当教授のマンツーマン指導により「卒業論文」を執筆。完成の達成感と充実感が、自信という大きな財産に。4年間の流れ教育をはじめさまざまな分野で活躍できる人へ◎2年次から始まる少人数制のプレゼミを履修。古代から現代までの語学や文学、および比較文学の調査研究法などから、3年次以降の専門研究に不可欠な調査やレポート作成の手法を身に付ける。◎必修科目の「日本語日本文学基礎演習」「日本文学史」「古典文学講読」、選択必修科目の日本語学、日本文学、比較文学の各「概論」等から、日本語や日本文学を学ぶための基礎知識と、大学での学習方法を身に付ける。2年次卒業論文の主な研究テーマ1年次●サマの歴史 ●嵯峨の屋お室の文体研究 ●因果関係の類義語研究ー契機と動機ー ●『逢坂越えぬ権中納言』の研究 ー「物語合」から考える制作過程ー ●時雨亭叢書散木奇歌集の研究 ●小林一茶の句の世界 ●江戸川乱歩『孤島の鬼』論 ●綿矢りさ『蹴りたい背中』論 ●丸山薫論 ●『星の王子さま』の受容科目の詳細福岡大学 シラバス検索専門教育科目カリキュラム4年次3年次2年次1年次●中国言語文化概説A (文学)●韓国言語文化概説A (文学)●文化人類学特講●社会人類学●日本美術史●日本美術論●考古学概説A,B●日本史概説A,B●東洋史概説A,B●西洋史概説A,B●英語学概論A,B●スピーチ・ コミュニケーション 概論A,B●コンピュータ 入門Ⅰ,Ⅱ●現代新聞学●科学思想史A,B●イギリス文化・文学概論A,B●アメリカ文化・文学概論A,B●言語学概論A,B●歴史学資料論A,B●地域史概論●憲法Ⅰ,Ⅱ●比較社会論●社会心理学●集団心理学●文化地理学●コンピュータ入門Ⅲ,Ⅳ ●ドイツ文学概論A,B●フランス文学概論A,B●比較文化論●異文化理解●日本の文化と歴史A,B,C,D●東洋の文化と歴史A,B,C,D●西洋の文化と歴史A,B,C,D●マス・コミュニケーション論●現代メディア論●図書館概論●図書館資料論●朝鮮史A,B●博物館概論 ●博物館経営論 ●博物館資料論 ○卒業論文及び卒業論文指導○日本文学史Ⅰ,Ⅱ○古典文学講読Ⅰ○日本語日本文学基礎演習○日本語史Ⅰ,Ⅱ○古典文学講読Ⅱ,Ⅲ△日本語学概論Ⅰ,Ⅱ△日本文学概論Ⅰ,Ⅱ△比較文学概論△古代語調査研究法△近代語調査研究法△現代語調査研究法△古典文学調査研究法Ⅰ,Ⅱ△近代文学調査研究法Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ△古典文学及び比較文学調査研究法△近代文学及び比較文学調査研究法△古代語演習a△近代語演習a△現代語演習a△古典文学演習Ⅰa,Ⅱa△近代文学演習Ⅰa,Ⅱa,Ⅲa△古典文学及び比較文学演習a△近代文学及び比較文学演習a△古代語演習b△近代語演習b△現代語演習b△古典文学演習Ⅰb,Ⅱb△近代文学演習Ⅰb,Ⅱb,Ⅲb△古典文学及び比較文学演習b△近代文学及び比較文学演習b●地域文化研究●地域語研究●芸能研究Ⅰ,Ⅱ●近代文学及び比較文学講読Ⅰ●日本語表現法Ⅰ,Ⅱ●漢文学講読Ⅰ,Ⅱ●近代文学及び比較文学講読Ⅱ,Ⅲ●日本語教育法Ⅰ,Ⅱ●日本語学特講Ⅰa,Ⅰb,Ⅱa,Ⅱb,Ⅲa,Ⅲb,Ⅳa,Ⅳb,Ⅴa,Ⅴb,Ⅵa,Ⅵb●日本文学特講Ⅰa,Ⅰb,Ⅱa,Ⅱb,Ⅲa,Ⅲb,Ⅳa,Ⅳb,Ⅴa,Ⅴb,Ⅵa,Ⅵb,Ⅶa,Ⅶb,Ⅷa,Ⅷb●比較文学特講Ⅰa,Ⅰb,Ⅱa,Ⅱb,Ⅲa,Ⅲb,Ⅳa,Ⅳb●社会言語学特講●心理言語学特講●日本語教授法演習Ⅰ,Ⅱ●日本語教育法Ⅲ,Ⅳ他学部の授業科目のうち人文学部教授会が適当と認める授業科目他大学(短期大学を含む。)の授業科目のうち人文学部教授会が適当と認める科目専門教育科目関連教育科目(2016年度入学生適用)○必修科目 △選択必修科目 ●選択科目PickUp!PickUp!入試情報p.167就職データp.150キャリア形成支援(就職・資格取得)p.140インターナショナルプログラムp.120各種課程p.118共通教育p.21CHECK日本語日本文学科人文学部35Fukuoka University Guide 2017

元のページ 

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です