福岡大学 大学案内2017
26/236

日本語日本文学科人文学部●カウンセラー、学校教員、教育産業、医療・行政・教育等機関、出版社、企業の教育・研修担当、フリースクール職員、臨床心理士(大学院進学が必要)など。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許、社会教育主事〔基礎資格〕(p.118、119参照)、認定心理士。●人の成長や学び、学校教育に関心がある。●人の心を支えるカウンセリングや臨床心理を学びたい。教育・臨床心理学科●航空・運輸、放送関連、出版、旅行、金融、保険、サービス、製造、大学院進学、中学校・高等学校の英語教員など。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許、日本語教員 (p.118、119参照)。●英語圏文化を理解し、英語力を付けて国際社会で活躍したい。●英語を使う職業に就き、自分の能力を社会のために役立てたい。●柔軟な思考力とコミュニケーション能力を身に付けたい。●英語の「読む・書く・聴く・話す」の4技能の習得に重点をおいた指導。●全専任教員中6人が英語のネーティブスピーカー。●生きた英語を学ぶ「英語圏文化研修」を実施。●きめ細かな指導の少人数ゼミ。英語学科ドイツ語学科フランス語学科●旅行、ホテル、金融、サービス、日本語教員、商社、マスコミ、航空関連業など。海外で働く人も。●本学や他大学の大学院進学。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許(中国語・朝鮮語)、日本語教員(p.118、119参照)。●韓国や中国など東アジアの言語・文化に関心がある。●将来は東アジア交流に貢献して活躍したい。●中国コースと韓国コースの2コースを用意。●選択した言語を日常生活レベルで使えることが目標。●さまざまな留学プログラム。●専門教育科目以外にも多様な科目を設置。東アジア地域言語学科●人間に興味がある。●人間の「行動」に関心がある。●人間の「生きる」意味を考えたい。●人間の「ライフスタイル」に関心がある。●「人間・社会・文化」をキーワードとして自由にテーマとコースが選択できる。●多彩な領域をカバーする24のゼミから4つまで選択できる。●マスコミ・広告、中学校・高等学校の教員、商社、メーカー、金融、情報関連、社会教育主事等の専門職、大学院進学など。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許、博物館学芸員、社会教育主事、日本語教員(p.118、119参照)。文化学科●中学校・高等学校の教員、発掘技師、博物館学芸員、大学の教員・事務職員、公務員、マスコミ・広告、旅行、出版、銀行、商社、大学院進学など。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許、博物館学芸員、日本語教員(p.118、119参照)。●単なる暗記ではなく「考える歴史」を学びたい。●考古学、日本史、東洋史、西洋史のいずれかに関心がある。●高い専門性や一人一人に向き合う学生参加型の授業。●全時代を網羅する教員スタッフ。●西日本随一の学びの環境。●中学校・高等学校の国語教員、日本語教員、地方公務員、出版、流通、金融、情報サービス、運輸、通信、証券、マスコミなど。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許、日本語教員(p.118、119参照)。●日本語・日本文学に関心がある。●「世界の中の日本」という視点を持ちたい。●各年次の学生数約60人に対して教員数11人。●古代から現代までの「日本語」、「日本文学」、さらに「比較文学」など、多様な専門分野が学べる。●自分が決めたテーマで「卒業論文」を完成させる(必修)。文系編●学校教員などの教育関係の仕事を目指したい人は「教育」に関する科目を中心に学ぶ。●カウンセリングや臨床心理の理論を中心に学びたい人は「臨床心理」の科目を中心に学ぶ。●2つの分野の統合により総合的・実質的な人材を養成。SUPER INDEXp.30p.32p.34p.36p.38p.40p.42p.44歴史学科将来の進路は学科の個性と魅力は興味あるものは学部・学科名●ドイツ系のグローバル企業、ヨーロッパに進出する日本のグローバル企業など。●大学院進学、日本語教員などのエキスパート。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許(ドイツ語)、日本語教員(p.118、119参照)。●ヨーロッパの文化や歴史、社会に関心がある。●ドイツ語が学びたい。ドイツ語圏で学びたい。●多様な価値観への理解を持ち、主体的な生き方を目指したい。●西日本唯一の「ドイツ語学科」●ドイツ語を軸に、ドイツ語圏とそれを取り巻くヨーロッパを学ぶ。●留学生とともに学ぶ環境が充実。●ドイツ語圏で学べる多彩な留学プログラム。●フランス系のグローバル企業、ヨーロッパに進出する日本のグローバル企業など。●大学院進学、日本語教員などのエキスパート。<取得可能(有利)な資格>●中学校・高等学校教諭一種免許(フランス語)、日本語教員(p.118、119参照)。●ヨーロッパの文化や歴史、社会に関心がある。●フランス語を学びたい。フランス語圏で学びたい。●自由な精神、独立心、個性的な生き方を身に付けたい。●学生と教員の距離が近い、自由で闊達な雰囲気。●フランス語を軸に、フランス語圏とそれを取り巻くヨーロッパを学ぶ。●海外でフランス語を学ぶ現地研修や交換留学。●留学生とともに学ぶ環境が充実。24BEST CHOICE 2017

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です