福岡大学 大学案内2017
202/236

12A方式推薦入試(専願制)選考の方法出願資格◎他にB方式(経済学部、工学部化学システム工・社会デザイン工学科)、地域枠(医学部医学科)推薦入試がありますが、いずれかにしか出願できません。 ※「AO入試」および「スポーツ特別推薦入試」で不合格になった場合は、A方式、B方式、地域枠推薦入試のいずれかに出願できます。◎合格の場合は、必ず入学することが条件(商学部第二部を除く)です。次の1~3の各要件を満たす者1. 高等学校または中等教育学校を平成29年3月卒業見込みの者、および商学部第二部・理学部・工学部・医学部医学科・薬学部・スポーツ科学部は平成28年3月卒業者(ただし、工学部の推薦入試を前年度に受験した者は、同じ学科には出願できない)2. 出身高等学校長が学業成績・人物ともに優秀と認めて推薦する者3. 以下の学部(学科)の要件を満たす者1. 調査書、面接(スポーツ科学部は50分程度の作文を含む)、テストおよび健康診断書(スポーツ科学部)により総合的に選考します。 調査書の評定平均値は、テストの総合点と同じウエイトで選考に使用します(医学部医学科、スポーツ科学部は除く)。2. 以下の要件に該当する者については、特別の考慮をします。○高等学校の職業教育を主とする学科(総合学科で職業に関する教科・科目を20単位履修している者を含む)からの志願者(医学部・薬学部・スポーツ科学部を除く)で全体の評定平均値4.0以上の者は、特別の考慮をします。○〔理学部〕専門高校の工業に関する学科、高等学校の工業に関する学科(機械系、電気系、電子系、化学系、材料系、情報系などの学科)および情報に関する学科からナノサイエンス・インスティテュートへの志願者のうち2人程度、また物理科学科への志願者のうち若干人は、成績優秀(全体の評定平均値4.0以上)であれば専門に応じて特別の考慮をします。〔工学部〕専門高校の工業に関する学科、高等学校の工業に関する学科のうち、機械系学科から機械工学科への志願者のうち2人程度、建築系学科から建築学科への志願者のうち3人程度は、成績優秀(全体の評定平均値が機械工学科は4.3以上、建築学科は4.0以上)であれば特別の考慮をします。○建築学科志願者で、都道府県、またはそれに準ずるレベル以上の建築設計競技、美術展等において入選した者は、特別の考慮をします。 ※該当する者は、特別の能力・業績(入賞・検定合格等)を示す客観的 資料(写)を必ず提出してください。○商学部第二部志願者で、出願時に大学所定の「在職証明書」を提出する者(就職内定者を含む)は、特別の考慮をします。学部・学科等人文学部法学部経済学部商学部商学部第二部理学部工学部医学部医学科看護学科薬学部なし全体の評定平均値3.5以上の者全体の評定平均値3.5以上の者なしなしなしなし全体の評定平均値3.7以上の者全体の評定平均値3.5以上の者全体の評定平均値3.5以上の者スポーツ科学部要  件全体の評定平均値3.0以上の者で、スポーツにおいて優れた能力を有する者(ただし、競技において特出した実績を示した者は、全体の評定平均値2.7以上の者でも可)※入学者はその専門性を高めるため、原則として学友会運動部に入部するものとします。第二志望について○理学部ナノサイエンス・インスティテュートは、ナノサイエンス・インスティテュート(物理科)とナノサイエンス・インスティテュート(化)で互いに第二志望をすることができます。○スポーツ科学部は、スポーツ科学科と健康運動科学科の2学科間で第二志望をすることができます。 第二志望で合格した場合も、必ず入学することが条件です。出願について1.入学検定料 ・医学科以外  32,000円 ・医学科    60,000円 ※出願はインターネット出願に限ります。2. 健康の状況について  身体に疾病または障害があり、受験上特別な措置が必要と思われる方、および修学上(医学部・薬学部は、学部、大学病院および関連教育病院等での実習)支障があると思われる方は、出願前に本学入学センターに問い合わせてください。(疾病または障害についての具体的内容を記載した診断書を添えて書面でお知らせください。身体障害者手帳所持者は、そのコピーも添えてください) その疾病または障害の程度により検診等を行うことがあります。3. 留学を経た出願について高等学校長の許可を得て外国に留学した方は、出願前に本学入学センターへ確認してください。200

元のページ 

page 202

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です