福岡大学 大学案内2017
18/236

体育部会をまとめる幹事に立候補。尊敬する先輩との出会いが、成長につながった。 「福大に進学した先輩から充実した学生生活の話を聞いて」福岡大学を志望した安藤さん。学科の授業では「実務経済論」が特に印象に残っているそうです。経済学が社会でどのように生かされているのかを、土地家屋調査士、弁理士、税理士等、各分野のエキスパートから聞き、「身近な問題でも初めて知ることが多く、視野が広がった」と言います。部活は野球部に所属。体育系クラブ全体を取りまとめる体育部会幹事には自ら立候補。「幹事をしていた先輩の姿を見て、自分も挑戦したいと思いました」。体育部会のクラブ数は43部1同好会。クラブ同士をつなぐ幹事を務めることで、友人の輪も広がりました。また、九州地区の各大学の体育部会幹事が集まる研修会でグループ討論の議長や交流会の司会を担当し、「人前で話すことに慣れ、度胸がついた」とのこと。“人”と“人”をつなぎ、時にはみんなを引っ張っていく役割を経験し、誰とでもすぐに打ち解けられるという強みを身に付けた安藤さんです。スーパーや飲食店など、何でもそろっているので暮らしやすいです。安くて、ボリュームがある定食屋には、部活後に仲間とよく行きます。大学まで徒歩で通える、女性専用マンションに住んでいます。掃除に洗濯、昼食にはお弁当を手作り。自分でやってみて、親のありがたみを実感しています。経済学部 経済学科 4年次生 安藤 駿さん大分県 出身大分東明高校 卒業Q七隈周辺の生活環境は?A文系・理系9学部がワンキャンパスに。少しの勇気があればたくさんの友人に出会える。 全学部がワンキャンパスに集まっている福岡大学。看護師を目指す古谷さんは、医学科や大学病院も同じキャンパス内にある上、スケールの大きな大学に「ここなら充実した学生生活が送れる」と思ったそうです。入学当初は方言の違いに戸惑いましたが、それは自分だけではないことに気付きました。「いろいろな県から学生が集まっているんです」。それからは勇気を出して声を掛け、友人をたくさんつくろうと頑張りました。野球サークルでマネージャーをしているのもその一つ。「他学部の学生と話していると、新鮮な驚きや刺激があります」。その他、オープンキャンパス等で高校生に学内を案内するキャンパススタッフ、ケーキショップでのアルバイトも。友人や知り合いの輪はますます広がっています。人と出会う機会が多いのは「出身県や所属する学部が違う、さまざまな学生が集う福大だからこそ」と言う古谷さん。時間を有効に活用し、勉強に励みながら、学生生活を楽しんでいます。Q一人暮らしはどうですか?A医学部 看護学科 3年次生 古谷 知花子さん山口県 出身防府高校 卒業16BEST CHOICE 2017

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です