福岡大学 大学案内2017
141/236

学生の傷病(歯科を除く)による経済的負担を軽減し、健康の維持増進を図ることを目的として発足した互助制度です。■学生健康保険互助組合定期健康診断の他、健康相談や内科診療も受診できます 大学生活は楽しいことばかりという印象を受けがちですが、修学、就職、対人関係、性格や心身の健康などで悩んでしまうこともあります。本センターでは、カウンセラー(臨床心理士)が常駐し、このような学生生活におけるさまざまな悩みや不安の相談を受けています。コミュニケーションなどを学べるセミナーやグループも実施しています。また、静かに休憩できる「フリースペース」があります。 健康管理センターでは全学生を対象に毎年、定期健康診断を実施しています。また、健康相談をはじめ、肥満対策、応急処置、投薬、血圧測定なども行い、病気の予防や発見に成果を挙げています。 さらに、学生・職員を受け付ける「診療所」をセンター内に開設しています。なお、症状によっては近郊の医療機関をご案内する場合があります。(診療日:月~金曜日)専門のカウンセラーが親身になってさまざまな相談を受けます 学内外、国内外を問わず、学生本人の万一の事故による死亡・後遺障害、入通院、扶養者の万一のときの学資費用、個人・借家人賠償責任など24時間総合的に保障する任意加入の保険制度です。 入学時における一度の手続きで卒業までの在学期間中、総合的に保障し有意義で充実した学生生活を過ごすためと予期せぬ災害への備えを目的としています。■学生総合保障制度(こども総合保険) 本学では、「学生健康保険互助組合」制度に加え、多様な研究活動・学生生活を安心して送れるよう、「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。本保険は教育研究活動中(正課・学校行事・課外活動中など)の災害に対する全国規模の補償制度であり、本学の全学生を対象とし、保険料は、大学が全額負担しています。■学生教育研究災害傷害保険 国内外において、正課の授業や大学行事、ボランティアやクラブ等の課外活動、およびその往復中、学生が他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償します。※この保険は任意加入(保険料は自己負担)であり、希望者は証明書自動発行機にて加入手続きをします。■学研災付帯賠償責任保険インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険対人賠償と対物賠償合わせて1事故1億円限度(※免責金額0円)340円210円500円1,640円③課外活動中の賠償責任事故(Bコースの対象範囲を除く)②学校施設内にいる間の賠償責任事故(正課・学校行事を除く)①臨床実験、看護実習等の医療 関連実習による賠償責任事故任意加入全員加入任意加入(医学科生は全員加入)申込日の翌日~申込年度の3月31日(1年間)4月1日~翌年3月31日学生教育研究賠償責任保険※免責金額とは、自己負担額をいいます。医学生教育研究賠償責任保険法科大学院生教育研究賠償責任保険①はCコースで 担保されるAコース、Bコースと同じ正課・学校行事・課外活動として行われるインターンシップ、介護等体験活動、教育実習、保育実習、ボランティア活動およびその往復途中正課・学校行事およびその往復途中Bコースの活動内容を含む正課・学校行事およびその往復途中Bコースの活動内容を含む正課・学校行事およびその往復途中A・Bコースの活動内容を含む補償対象活動補償内容Lコースのみの補償です。 1事故1,000万円限度(※免責金額0円)人格権侵害補償加入形態保険期間保険対象外保険料(1年間)内容組合費入会金3,000円(年額。学費等納入金に含まれる) 100円(入会時のみ。入学時納入金に含まれる)●医療保険を使用し医療機関で受診した場合 年間50万円を限度に、自己負担の一部を給付する医療給付制度●「歯科検診」の実施、契約施設の紹介、機関紙「ハローけんぽ」の発行などの予防給付活動、朝ごはんキャンペーン・休暇期間中の夕食キャンペーンの実施対象各学部学生、大学院生学生の過失により賠償責任事故を起こした場合の保険である。医学部学生対象法科大学院生対象備考5年間1,250円6年間1,400円4年間1,000円3年間800円2年間550円1年間350円■保険料■通学中等傷害危険担保特約 本学学生が大学の授業など、学校行事または課外活動への参加の目的を持って、合理的な経路および方法により、学生の住居と学校施設などの間を往復する間または学校施設など相互間を移動する間に生じた事故によってその身体に被った傷害が対象となります。 この保険は、任意加入(保険料は自己負担)となりますので、希望者は、証明書自動発行機にて加入手続きをしてください。(おすすめプランの場合は疾病による死亡も含みます。)主な補償対象活動1.2.3.4.学内・学外(国内・国外を含む)を問わず、いつ発生するか分からないケガ保護者が不慮の事故等により万一の事態になった場合の学業費用の心配下宿学生が下宿先にて出火し家主から損害賠償の請求日常生活において他人にケガをさせた時、あるいは他人の物を壊した場合の損害賠償請求(アルバイト中やインターンシップ中の賠償事故も補償対象になります。)AコースBコースCコースLコース学生保険健康管理センターヒューマンディべロップメントセンター(HDセンター:学生相談室)http://www.adm.fukuoka-u.ac.jp/fu826/kenkan/index.htmlURLhttp://www.adm.fukuoka-u.ac.jp/fu816/home1/hd1.htmURL学生支援/奨学制度 他キャンパスライフ139Fukuoka University Guide 2017

元のページ 

page 141

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です