福岡大学 大学案内2017
107/236

実務実習や研究室で専門能力を磨く日々。医療チームを担う薬剤師を目指して。 医療機関を受診したとき、親身に相談に乗ってくれた薬剤師の姿が輝いて見え、薬学部を志望。本学薬学部は国家試験の合格率が高く、高校の先生に勧められて進学しました。1・2年次は基礎、3年次からは薬剤師の仕事に直結する知識を身に付け、5年次で実務実習と卒業研究に取り組みます。私は抗がん剤の副作用を研究中。治療のためには体力を付けなくてはならず、抗がん剤の副作用である食欲不振の発生メカニズムや支持療法となる治療薬について調べています。研究室では自主的な学びが基本。実験を行うだけでなく、自分で論文を探して読み、プレゼンテーションを行います。学科独自の「ニュージーランド研修」には2年次に参加。現地の薬局で、さまざまな国籍の人が一緒に働く様子を見て、英語力やグローバルな視野の必要性を実感しました。今は薬剤師国家試験に向けて勉学に励む日々。しかしそれは通過点であり、その後も最新の情報や知識を得るため勉強し続けなければいけません。将来は医療チームの一員として臨床の現場に立ち、患者さんに寄り添った薬剤師を目指しています。My schedule(4年次後期)Mon.Tue.Wed.Thu.Fri.9:0010:4013:0014:4016:20薬学部 薬学科 5年次生福岡県 筑紫丘高校出身白石 ちひろさん 調剤学総論 医療薬学特別講義Ⅰ薬学演習基礎薬学特別講義Ⅱ基礎薬学特別講義Ⅰ医療薬学特別講義Ⅱ衛生薬学特別講義病院45.8%主な就職・進路先疾患薬理学Ⅰ生薬学Ⅰ,II 薬理学とは、薬が体の中でどのように作用するかを科学的に研究する学問です。その薬理学の入門として、本科目では薬の効き目を決める「受容体」や「細胞内情報伝達系」を学び、新薬開発の可能性を探っていきます。 生薬とは漢方薬を構成する要素であり、漢方薬を理解するため中国医学に関する古典情報を駆使し授業を行います。そのため生薬学は薬学部全科目中で、最も漢字を書き写す授業といっても過言ではありません。疾患薬理学Ⅰ科目Pick Up!製薬企業 3.3%大学院・他大学進学 2.8%薬局・薬店36.0%情報通信 0.5%教育・学習支援 7.9%公務 3.7%6年間の流れ1・2・3・4年次 6年次共用試験薬剤師国家試験◎薬学教育3要素である「基礎・創薬科学」「医療・臨床薬学」「衛生薬学」をバランスよく組み込んだカリキュラムにより薬剤師としての資質を磨く。◎共用試験は、薬剤師としての基本的な知識・技能・態度を問う試験。共用試験に合格した人が、5年次の「実務実習」を行うことができる。◎本学薬学科は全国有数の合格率であり、6年間の学習を基に、自信を持って国家試験に臨む。◎「実務実習」と「薬学研究」により、薬剤師としての専門的能力と研究マインドを身に付ける。◎「先端医療薬学」により、臨床マインドを身に付けるとともに、これまでの学びを総点検し、国家試験に備える。そして、薬剤師としての自分の将来像を見つける。豊かな人間性と倫理観・実践力により社会に寄与する薬剤師や薬学研究者へ 5年次(2016年度入学生適用)○必修科目 ●選択科目専門教育科目カリキュラム科目の詳細福岡大学 シラバス検索●薬学物理学入門●薬学生物学入門●機能形態学Ⅰ●薬学化学入門●化学●薬学計算法●薬学概論●有機薬化学Ⅰ,Ⅱ●生体機能分子学Ⅰ,Ⅱ●天然医薬資源学●早期臨床体験Ⅰ●薬学物理化学Ⅰ,Ⅱ●人体生化学Ⅰ,Ⅱ●機能形態学Ⅱ●疾患薬理学Ⅰ●分析化学Ⅰ,Ⅱ●微生物学●免疫学●生薬学Ⅰ,Ⅱ●食品栄養学●食品衛生学●有機薬化学Ⅲ,Ⅳ●同位体化学●同位体医療薬学○物理系実習Ⅰ○生物系実習Ⅰ,Ⅱ○早期臨床体験Ⅱ●薬学物理化学Ⅲ,Ⅳ●コミュニケーション学●感染症治療薬概論●天然物化学●人体機能調節学●日本薬局方Ⅰ,Ⅱ●疾患薬理学Ⅱ,Ⅲ●物理薬剤学●製剤学●薬物動態理論●臨床薬物動態解析学●創薬化学Ⅰ,Ⅱ●環境衛生学Ⅰ●公衆衛生学●分析化学Ⅲ,Ⅳ●医薬品開発・経済学●医薬品安全性学●医療情報学●病態・薬物治療学Ⅰ,Ⅱ○物理系実習Ⅱ,Ⅲ○化学系実習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ○生物系実習Ⅲ,Ⅳ●病態・薬物治療学Ⅲ,Ⅳ●疾患薬理学Ⅳ●薬物送達学●臨床薬物動態学●薬学健康管理学●薬事関係法規論●漢方薬学概論●環境衛生学Ⅱ●遺伝子工学概論●創薬化学Ⅲ●調剤学総論●臨床検査学●薬学疾患管理学○物理系薬学特別講義○化学系薬学特別講義○生物系薬学特別講義○衛生薬学特別講議○医療薬学特別講義Ⅰ,Ⅱ○薬学演習(含薬学研究基礎)○実務実習事前学習○実務実習○薬学研究Ⅰ●薬科処方解析学●実務実習事後学習●臨床診療科概論●薬剤師職能論●今日の薬学研究●薬学特別研究●薬事行政論●医薬品開発論○物理系薬学総合講義○化学系薬学総合講義○生物系薬学総合講義○衛生薬学総合講義○臨床薬学総合講義Ⅰ,Ⅱ○医療薬学総合講義Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ○薬事・医事関係法規総合講義○総合薬学演習(含卒業試験)○薬学研究Ⅱ専門教育科目4年次5年次6年次3年次2年次1年次PickUp!PickUp!●卒業により取得できる資格 ・薬剤師国家試験受験資格●薬剤師でなければできない業務 ・医師の処方せんによる薬の調剤 ・保険薬剤師 ・医薬品製造(輸入販売)業の管理者 ・学校薬剤師 ・薬局および一般販売業の管理者●薬剤師であれば取得できる主な資格(業務) ・化粧品や医療用具の製造所の技術責任者 ・毒物劇物取扱責任者 ・麻薬管理者 ・麻薬取締官 ・食品衛生管理者 ・食品衛生監視員 ・環境衛生指導員 ・危険物取扱主任者 ・検疫官取得する資格等について入試情報p.167就職データp.150キャリア形成支援(就職・資格取得)p.140インターナショナルプログラムp.120大学院p.112共通教育p.21CHECK薬学科薬学部105Fukuoka University Guide 2017

元のページ 

page 107

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です