1. HOME
  2. F-ACE
  3. 教職員
  4. 一人でも多くの学生に「福大生で良かった」と思ってもらえるように。
福大人の魅力を伝える「F-ACE(フェイス)」
IMG_7909.jpg

一人でも多くの学生に「福大生で良かった」と思ってもらえるように。

川上 竜躍
Ryuya Kawakami
  • 人文学部事務室

  • 【仕事の内容】
    人文学部事務室では、学生さんやそのご父母からいただく問い合わせ対応や、カリキュラムのデータ整備およびカリキュラム改正に関する提案、学生さんへの履修指導など、修学面からの学生サポートを行っています。また、先生方が円滑な授業を行えるよう、講義やカリキュラムの改善に必要となるデータの提供や、その処理がスムーズに進むようなスケジューリングや事務処理など、人文学部の学生さんや先生方に、より良い環境を整えるための仕事をしています。
     
  • 【こだわりや想い】
    私のモットーは、「ABCD活動」(A:あたりまえのことを B:ばかにせず C:ちゃんとやる D:できれば笑顔で)です。そのような想いから、学生さんと接する時は特に挨拶を大切にしています。学生さんが就職活動などの場できちんと挨拶できるようになるには、日頃からその意識を持ち続けることが大切だと思います。そのような想いのもと、学生さんのお手本となるべく、私から積極的に挨拶をしています。今では自ら挨拶をしてくれる学生さんも増えました。また、一人でも多くの学生さんに「福大生で良かった」と感じてもらいたいと思っています。窓口では、履修や成績に関することから、留学や就職に関する問い合わせまでさまざまあります。その際、学生さん自身が考え、意思決定できるようにサポートすることを心掛けています。何度も相談にのっていた学生さんから卒業式の日に感謝の言葉をもらった時はとてもうれしく、“また一年頑張ろう”と思います。

    (2019年1月10日)
BACK TO
TOP